2019年08月14日

沈黙の処刑軍団


2019.Jun.30
☆☆★★★
Force of Execution (2013) on IMDb

裏社会を牛耳るアレクサンダー(スティーヴン・セガール)の右腕であるハースト(ブレン・フォスター)は、アレクサンダーの指令である男を消すために重犯罪刑務所に潜入する。しかし刑務所内にいる身内により罠に嵌められ、別の男を殺害してしまう。その男の兄の報復を受けたハーストは、両手の骨を粉々に砕かれ、落とし前をつけるためにアレクサンダーにも追放され、堅気になることを強いられる。一方、ハーストを嵌めた受刑者のアイスマン(ヴィング・レイムス)が釈放され、手下とともに次々と町のギャングたちを取り込み、アレクサンダーを押しのけて暗黒街のボスの座を奪う計画を企てていた。ハーストは、ダイナーの女主人や、陰のあるその料理人オソ(ダニー・トレホ)の世話になりながら、その日暮らしの身に落ちぶれていた。ハーストは、オソから受けたメキシコ産のサソリ毒による危険な療法により、奇跡的に身体を元の姿に戻していく。しかし、アレクサンダーがそのダイナーのオーナーであったことから、その店もアイスマンの標的となり、ハーストもオソともども抗争に巻き込まれる。そんな彼らを気にかけながら、アレクサンダーは引退を懸けて徹底抗戦を決意する。

ダニー・トレホもの。街の顔役と、出所したばかりの新興黒人ギャングの抗争が勃発するお話。ダニーとセガールの共演なので観た。ダニーは、セガールのダイナーの雇われ料理人役で、見どころがないぞ。セガールのシマに割り込んできた新手のギャングに対し、穏便にすまそうとするところに強引に介入したことでセガールの堪忍袋の緒が切れるパターン。
沈黙の処刑軍団を買って観る
沈黙の処刑軍団を借りて観る
こちらの沈黙の処刑軍団レビューも参考に

posted by どん at 21:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月13日

戦狼 ウルフ・オブ・ウォー


2019.Jun.30
☆☆★★★
Wolf Warrior 2 (2017) on IMDb

義侠心から事件を起こし懲罰中のレン・フォン(ウー・ジン)は、上官であり恋人でもあったロンがアフリカで殺害されたと知り、軍を去る。その後はアフリカの某国にたどり着いてフリーのボディガードになるが、そこでヨーロッパの民間軍事会社「ディランコープス」を黒幕とする叛乱が勃発する。反乱軍が政府軍を襲い、中国政府が国際法上動けない。レンは単独でチェン博士救出の特殊任務に赴くも、博士は殺されてしまう。レンは博士から娘のパーシャを託され、レイチェル医師(セリーナ・ジェイド)と共に、いまだ残る中国人と現地民たちを守るため工場へと向かう。工場には、熟練の老兵ホーと武器マニアの御曹司イーファンがいた。レンは彼らとともに、反乱軍および「ディランコープス」首領であるビッグ・ダディ(フランク・グリロ)およびその手下達と交戦する。

特殊部隊“戦狼”の元隊員が、アフリカで危険に晒された中国人たちを救出するために反政府勢力に立ち向かうお話。『ウルフ・オブ・ウォー ネイビー・シールズ傭兵部隊 vs PLA特殊部隊』の続編。興行収入1000億円を記録した、中国で空前のヒットだったらしいが、それ程面白くないな。映画産業が中国市場を重視するのはわかる。US軍他が次々と戦地を去る中、中国のみが正義を果たす的プロパガンダが鼻につくね。
戦狼/ウルフ・オブ・ウォーを買って観る
戦狼 ウルフ・オブ・ウォーを借りて観る
こちらの戦狼 ウルフ・オブ・ウォーレビューも参考に
posted by どん at 18:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月12日

バッド・ウェイヴ


2019.Jun.30
☆☆★★★
Once Upon a Time in Venice (2017) on IMDb

カリフォルニア州ロサンゼルス近郊のヴェニス。西海岸でも有数の観光地として知られる美しい海岸沿いの町で探偵業を営むスティーブ(ブルース・ウィリス)は、窮地を救ってくれた友人の頼みでギャングのボス・スパイダー(ジェイソン・モモア)に奪われた車を取り返しに行く。激しい銃撃戦の末、何とか車を奪還したスティーブだったが逆にスパイダーの恨みを買ってしまい、襲撃を受けた挙句、愛犬のバディを誘拐されてしまう。再度スパイダーのアジトに向かったスティーブだったが、そこにバディの姿はなかった。そんななか、スティーブはバディを救い出すため、バディと麻薬を持ち逃げした彼の妻の捜索を取引する。離婚寸前の親友デイヴ(ジョン・グッドマン)やユダヤ人の悪徳不動産屋からの依頼も同時に解決しなければならず、彼は助手のジョン(トーマス・ミドルディッチ)と共にヴェニスの町を奔走する。

ファムケ・ヤンセンもの。ギャングとのトラブルに巻き込まれた探偵のコミカルな騒動を描く。ブルースのついてない巻き込まれ型だが、『ダイ・ハード』なアクションではなくコメディ。ブルースの全裸でスケボーや女装が特色だけれど、コメディタッチは出るものの、特段面白いわけではないね。ファムケは良く出演したものだ。ジェシカ・ゴメスのセクシーさが、一番の見どころかも。
バッド・ウェイヴを買って観る
バッド・ウェイヴを借りて観る
こちらのバッド・ウェイヴレビューも参考に

posted by どん at 22:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月11日

世にもエロスな物語〜禁断に悶える女たち〜

2019.Jun.30
☆★★★★
禁断に悶える女たちを描いた3話のオムニバス作品。
悶え乱れる美人妾婦(めかけ恋女-逃れられない淫虐の関係-):とある山村で細々と旅館を経営する恵理子(三浦恵理子)。若い時から大地主の妾として囲われ、長年にわたる手篭め生活にあきらめと不安の一途を辿っていた。ある日、宿客の写真家片山は、恵理子の美貌に惹かれて行く。夜な夜な手篭めにされる恵理子。ただの妾になり下がっていることに反発を覚える片山は、恵理子との散歩中に愛を告白する。恵理子は今までに無かった恋心を感じていく。二人の関係に感づき、村のチンピラを使って片山を痛めつける。愛情が芽生え、ついに男と女の関係になってしまう。
映像を撮られる美人若妻(ブルーフィルムの若妻-夫には言えない淫らな秘密-):昭和40年。夫が背負った借金の為に、奉公働きをしている健気な妻、加奈子(飯岡かなこ)。九州の炭鉱で期間工として働く夫を思いながらも、借金の返済延滞を理由にブルーフィルム製作者の伯父に手篭めにされていく。
禁断愛 快感に燃える若妻(淫らになるほど美しく -義兄との禁断愛-):急な転勤のため居候することになった義兄。夫にはない逞しさに惹かれていく妻の優希(夏目優希)。お互いの見つめる熱い視線が絡み合う。愛してはいけない人を愛してしまっい、燃える官能を押さえきれなくなった二人。情熱的な愛撫に肌を焦がれ下腹部を疼かせる優希。許されない禁断の快感に燃える。

ストーリー的にはお約束のものばかりで、新鮮味はないな。飯岡かなこ、夏目優希はビジュアル的に許せるけど。
めかけ恋女-逃れられない淫虐の関係-を買って観る
ブルーフィルムの若妻-夫には言えない淫らな秘密-を買って観る
淫らになるほど美しく -義兄との禁断愛-を買って観る

posted by どん at 21:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月10日

三人の女性への招待状


2019.Jun.29
☆☆★★★
The Honey Pot (1967) on IMDb

セシル・フォックス(レックス・ハリソン)のベニスの邸宅に、一見やくざ風の男ウィリアム・マクフリー(クリフ・ロバートソン)が訪ねて来た。彼は新聞に載ったフォックスの求人広告を見て来た、売れない役者だった。死期の近いフォックスは、退屈しのぎに彼が昔つきあった3人の女性を集めて、3人3様の反応を見て楽しみたいと思い、その舞台監督兼秘書としてマクフリーを雇ったのだった。3人の女性とは、セクシー・クイーンとしてハリウッドに君臨しているマール・マッギル(エディ・アダムス)、貴族的な風貌のプリンセス・ドミニク(キャプシーヌ)、そしてフォックスの最初の熱烈な恋の相手だったシェリダン夫人(スーザン・ヘイワード)の3人。彼女らはフォックスからの手紙を受けとると、いそいそとベニスへ向かう。その他に、シェリダン夫人の身のまわりの世話をする秘書サラ・ワトキンズ(マギー・スミス)の顔も見えた。3人の女性は、懐かしいフォックスに心からのプレゼントを贈った。それが申しあわせたように豪華な時計だった。フォックスはやがて寝室に閉じこもり、腹に一物ありそうな女たちの諍いや、かけひきを細かに観察したウィリアムの報告を楽しみ始める。またウィリアムは舞台監督としてではなく、優雅な闘いを続ける3人の女たちに深入りしだした。そして彼の不吉な予感は的中し、舞踏会の翌朝、シェリダン夫人の死体が発見される。

トーマス・スターリングのミステリー小説を、フレデリック・ノットが戯曲化したものが原作。莫大な遺産を巡る富豪と女性たちの駆け引きの行方を描く。様々な騙しものや名探偵ものの元になった作品らしい。ゲームのはずが殺人事件に転換し、殺人の価値が崩されていく。どんでん返しを重ねて価値を否定していった末、無関係の者が得をする、のほほんとしたオチも良いね。富豪や舞台監督が主役のようで、結局秘書サラが主役を奪ったのね。
こちらの三人の女性への招待状レビューも参考に
続きを読む
posted by どん at 21:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月09日

キング・アーサー


2019.Jun.29
☆☆☆★★
King Arthur: Legend of the Sword (2017) on IMDb

両親を殺され、スラムの売春宿でひとり貧しく生き抜いてきた青年アーサー(チャーリー・ハナム)。彼はまだ、自分の偉大なる宿命に気づいていない。アーサーの正体は、かつてのイングランド王の一人息子。暴君ヴォーティガン(ジュード・ロウ)は兄であるユーサー王(エリック・バナ)に謀反を起こし、殺害。ユーサー王は絶命する寸前、まだ幼かったアーサーを船で逃がしたのだった。過酷な環境で鍛えられながら成長し、優しくタフな男として仲間の信頼を集めていたアーサー。やがて聖剣エクスカリバーを手にした彼は、自らの過去、そして亡き父に代わり王の座を奪還するという運命を知る。魔術師の女メイジ(アストリッド・ベルジュ=フリスベ)やユーサーの家臣だったベディヴィア(ジャイモン・フンスー)ら、勇気ある仲間たちの力を借りて立ち上がった彼は、エクスカリバーを使いこなすべく修行を積み、宿敵ヴォーティガンに挑んでいく。

両親を殺されたイングランド王の一人息子アーサーが、聖剣エクスカリバーを手に、宿敵に立ち向かうお話。アーサー王誕生譚を上手い展開で描いてますな。底辺の人々のために開眼するのは良いね。戦闘の描き方が美しい。どこか美女感の漂うメイジ役は、『バルセロナ、天使のセックス』のアストリッド・ベルジュ=フリスベだった。興行収支が1億5000万ドルの赤字って、改めて映画は博打ですな。
キング・アーサーを買って観る
キング・アーサーを借りて観る
こちらのキング・アーサーレビューも参考に

posted by どん at 23:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月08日

クロッシング


2019.Jun.23
☆☆★★★
Brooklyn's Finest (2009) on IMDb

NY、犯罪多発地区ブルックリンで働く3人の刑事たち。退職目前のベテラン警官エディ(リチャード・ギア)は野心や情熱を抱くことなくひたすら無難に過ごしてきた自身の警官人生に空虚感を感じていた。一方、麻薬捜査官のサル(イーサン・ホーク)は病弱な妻と子供たちに約束した新居の購入のため、金の工面に奔走していたが、麻薬捜査の度に目にする大金を前に自らの正義感の間で大きく揺れていた。そして、危険な潜入捜査官の任に就くタンゴ(ドン・チードル)は、自分の人生を犠牲にせざるを得ない状況に疲弊していく中で、潜入しているギャングのボス(ウェズリー・スナイプス)の人間味に魅かれ始めていく。決して交わるはずのなかった3人の刑事たち。ある日起きた警官による強盗殺人事件をきっかけにそれぞれの“正義"は思わぬ形で結末を迎える。

2013年04月20日以来の再見。あらすじに惹かれて、また観てしまって失敗。所感も変わらなかったので、再掲。「トレーニング デイ」のアントワーン・フークア監督作。3人の主人公が交錯すれば面白い作品になったかもしれませんが、近くの場所にいるだけのオムニバスでした。3人3様の価値観を同時に見せたからといって、化学反応は起きませんでしたね。「トレーニング デイ」の方が描き込んだ分、説得力がありましたな。
クロッシングを買って観る
クロッシングを借りて観る
こちらのクロッシングレビューも参考に
posted by どん at 22:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月07日

ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります


2019.Jun.23
☆☆★★★
5 Flights Up (2014) on IMDb

NYのブルックリンの街を一望できるアパートメント。画家のアレックス・カーヴァー(モーガン・フリーマン)と元教師の妻ルース(ダイアン・キートン)がこの理想的な家に住んで40年。しかし、この建物にはエレベーターが無かった。足腰の弱ってきたアレックスにとって、我が家のある5階まで階段を上るのは容易なことではなくなってきた。アレックスが日課としている愛犬ドロシーとの散歩を終え、5階にある我が家への階段をようやく上り終えて帰宅すると、姪でやり手の不動産エージェントのリリー(シンシア・ニクソン)が明日の準備のためにと訪問していた。夫の今後を心配したルースがエレベーターのある住居へ引っ越そうとアレックスを説き伏せ、今の住まいを売ることにしたのだ。そして明日が購入希望者のためのオープンハウスの日。そんな折、ドロシーに異変が起こる。夫妻は5番街の行きつけの動物病院へとタクシーを走らすが、車は一向に動かない。どうやらマンハッタンへ渡る橋の上でタンクローリーが道をふさいでいるらしい。ようやく獣医に見てもらったドロシーはヘルニアを患っており、手術が必要と言われてしまう。翌朝、やる気満々のリリーがお客を連れてやって来る。オープンハウスは一風変わったニューヨーカーたちで大賑わい。早速いくつかのオファーが入ると同時に、獣医からドロシーの手術成功の連絡を受け取り夫妻はほっと一安心。一方、いそいそと新居候補を探し始めるルースとアレックスをよそに、タンクローリー事故は一夜にしてテロ事件へと様相を変えていた。アレックスとルースの見晴らしの良い家は誰の手に渡り、そして二人の新居はどうなるのだろうか。

ジル・シメントの小説『眺めのいい部屋売ります』が原作。NYを舞台に、階段がきつくなってきたために古いアパートの5階にある我が家を手放す決断をした夫婦が、住み慣れた我が家の売却と新居探しを巡って織り成す悲喜こもごもの人間模様を綴る。部屋売却騒動をきっかけに、夫婦の絆を再認識できたのね。売却がどうのと言うより、絆の方がメインテーマです。若い頃の夫婦のイメージがピッタリですな。ブルックリンの古いアパートですら1億円もするんだな。マンハッタンなんて到底無理。
ニューヨーク 眺めのいい部屋売りますを買って観る
ニューヨーク 眺めのいい部屋売りますを借りて観る
こちらのニューヨーク 眺めのいい部屋売りますレビューも参考に

posted by どん at 21:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月06日

聖☆おにいさん 第II紀

聖☆おにいさん 第II紀

2019.Jun.23
☆★★★★
世紀末を無事に超え、神の子・イエス(松山ケンイチ)と目覚めた人・ブッダ(染谷将太)は、東京・立川のアパートでルームシェアしながらバカンスを満喫している。2人の下界への興味は止まることなく、聖地巡礼に訪れた秋葉原でプリクラを撮ったり、インスタ映えを気にしたりとJKのようにエンジョイしている。しかし、ついつい何かにつけ“奇跡”を起こしてしまう。
収録エピソードは「福引き」「自分詣で」「聖地巡礼」ほか全10話。

中村光のコミック『聖☆おにいさん』が原作。東京・立川でアパートをルームシェアしながら下界のバカンスを満喫しているイエスとブッダの日常を綴る。ほのぼのとしたノリは微笑ましいのだが、ギャグのキレは第I紀の方が上だったな。時間つぶしには良いけどね。

posted by どん at 21:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月05日

MASTER/マスター


2019.Jun.22
☆☆☆★★
Master (2016) on IMDb

投資会社のチン会長(イ・ビョンホン)は、その綿密な計画性と天性の口のうまさを駆使して、韓国最大規模のネットワークビジネスで、市民から多額の資金を巻き上げる。やがて会社が倒産すると、チンは金を持って海外へ逃亡。警察の知能犯罪捜査班のキム(カン・ドンウォン)は、優れた知性を武器に、彼を逮捕すべくチームを編成する。チンの部下だったITの天才パク(キム・ウビン)を仲間に引き込み、チンの足取りを辿ってゆく。だが突然、チンの死体が外国で発見されたとの報道が。容疑者死亡で捜査は終了かと思われたが、これをチンの策略と見たキムは秘かに捜査を続行。その予想通り、チンは東南アジアで別人を装い、新たな詐欺ビジネスを展開していた。捜査の網をすり抜けるチンと執拗に追い続けるキム。一歩も譲れぬプライドに突き動かされた男たちの戦いは、海を越えた異国の地で激化していく。

狡猾な極悪詐欺師と、天才ハッカーとともに彼を追う刑事の壮絶な攻防を描く。チョ・ヒパル詐欺事件という実際の事件をモチーフにした作品だとか。封建的な韓国で、政府中枢のコネに守られた荒手の起業家を追い詰めていく気概が良いね。この手の作品が多いのは、ナッツ姫批判が噴出したように、国民の鬱憤が蓄積していて観客動員しやすいのかな。詐欺事件だけに、頭脳戦、心理戦が主でなかなか楽しめます。
MASTER/マスターを買って観る
MASTER/マスターを借りて観る
こちらのMASTER/マスターレビューも参考に

posted by どん at 22:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする