2019年05月26日

わたしはわたし OL葉子の深夜残業


2019.Apr.27
☆☆☆★★
小さな出版社の編集部で働く葉子(市川まさみ)は、人とコミュニケーションをとることが苦手で男性恐怖症、真面目だけが取り柄の地味なOL。しかし最近どうも体の調子がおかしい。しっかりと睡眠を取ったはずなのに、勤務中に強烈な睡魔に襲われたり、毎日異常な倦怠感を感じている。そのせいで仕事ではミスを連発、ただでさえ地味な葉子に厳しい編集長には毎日怒鳴られている。そんなある日、葉子は突然見知らぬ男に声を掛けられる。「君のことをもう一度抱きたい」「忘れられないんだ」と男に迫られ、その場を逃げ出す葉子。やがて葉子は、自分が眠った真夜中に別の人格=ヨーコが、男たちと一夜限りの関係を楽しんでいることを知る。ヨーコの存在はやがて葉子の日常を侵食し始めるのだが、葉子はヨーコと交換日記を通じて、意思の疎通を図ろうと思いつく。こうして葉子とヨーコ、私と私の奇妙な交流が始まる。

エロティック・ラブコメとして面白いな。二重人格が交換日記するとか、エロな人格がノーマル人格を助けようとするとか、初体験のようなぎこちなさとか。地味目なめがねっ娘OLの方が、好き。
わたしはわたし 〜OL葉子の深夜残業〜を買って観る
わたしはわたし OL葉子の深夜残業を借りて観る
こちらのわたしはわたし OL葉子の深夜残業レビューも参考に
posted by どん at 18:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月25日

ザ・ライト エクソシストの真実


2019.Apr.21
☆☆☆★★
The Rite (2011) on IMDb

葬儀社の息子で神学生マイケル・コヴァック(コリン・オドナヒュー)は、悪魔祓いという儀式だけでなく、神の存在さえ疑っていた。成績優秀だが司祭の道に進むつもりのないマイケルは、恩師の推薦で、悪魔祓いの講習を受けるためにバチカンへ派遣される。深い猜疑心を硬い殻のようにまとうマイケルは、悪魔にとり憑かれた者への対応において、必要なのは司祭より精神科医だと指導者たちに言い放つ。だが、何千回も悪魔祓いをおこなってきた伝説的なエクソシスト、ルーカス神父(アンソニー・ホプキンス)の助手を務めることになる。さっそくルーカス神父のもとで、マイケルは、16歳の少女の悪魔払いの儀式に立ち会う。少女の異変を目の当たりにしながらも、マイケルは最初は精神的な病気として解釈できると考えていた。邪悪で凶暴な悪魔がルーカス神父によって追い出されるのを目の当たりにする。しかし、そのルーカス神父もやがて悪魔に取り憑かれてしまう。自ら十字架を手に取り、悪魔との対決に挑む。

神や悪魔の存在を疑う神学生が、伝説的なエクソシストの下で修行にあたる過程で、自ら悪魔と対峙する恐怖と成長を描く。本作は、ホラーじゃなくて、悪魔祓いに懐疑的な見習い神父が開眼する成長物語なんですな。最初、アンソニーが出るべき作品かと訝っていたけど、この役回りなら納得。
ザ・ライト エクソシストの真実を買って観る
ザ・ライト エクソシストの真実を借りて観る
こちらのザ・ライト エクソシストの真実レビューも参考に
posted by どん at 16:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月24日

ゾンビーワールドへようこそ


2019.Apr.21
☆☆★★★
Scouts Guide to the Zombie Apocalypse (2015) on IMDb

高校生でボーイスカウトのベン(タイ・シェリダン)、カーター(ローガン・ミラー)、オギー(ジョーイ・モーガン)はクラブで女の子と遊びたくて仕方がない。ベンとカーターは、オギーやリーダーを傷つけないように古臭いスカウトを脱退しようとする。そんな中、2人はカーターの姉ケンドール(ハルストン・セイジ)やそのボーイフレンドに出くわし、パーティーに誘われる。ある晩、ベンとカーターがキャンプを抜け出してパーティー会場へ行く途中、警備員がいないのでナイトクラブに入ってみる。そこで、ゾンビ化した従業員たちに襲われる。間一髪のところを美人ウエイトレスのデニース(サラ・デュモン)に助けられた2人は、一人で町に下りてきたオギーも加えチームを組む。ケンドールをゾンビから守るため、何とかパーティー会場を探し当て、ボーイスカウトで身につけた様々なワザを駆使してゾンビに闘いを挑む。

幼馴染みのボーイスカウト3人組と美人ウエイトレスが、ゾンビと激闘を繰り広げるお話。ゾンビ退治の青春もの。好きな人を助けるためのチームワークがそこそこ楽しいし、ヒロインの2人がそれなりにイケてるし。
ゾンビーワールドへようこそを買って観る
ゾンビーワールドへようこそを借りて観る
こちらのゾンビーワールドへようこそレビューも参考に
posted by どん at 22:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする