2020年08月02日

インサイド


2020.May.23
☆☆☆★★
Inside (2016) on IMDb

間もなく出産を控え、幸せ絶頂の夫婦を襲った不運な衝突事故。夫は帰らぬ人となり、妻サラ(レイチェル・ニコルズ)は補聴器なしでは耳が聞こえない障害が残った。一緒に生き残ったお腹の中の子の誕生だけを心の支えにしているサラだった。ある夜、電話を貸してほしいとドアをノックする女が現われる。不審に思い追い返したサラだったが、念のため警察に来てもらう。事情聴取を終え、眠りについたサラは、部屋の中に浮かび上がる見知らぬ女(ローラ・ハリング)の影に気づくが、何等かの処置を加えられていた。その女は、彼女を殺そうと襲いかかってくる。補聴器も壊れ耳が聴こえない中で、陣痛が始まってしまう。サラは正体不明、目的不明の女から逃れ生き残ることができるのか?

レイチェル・ニコルズもの。フランス映画『屋敷女 (2007)』のリメイク作品。交通事故で夫と聴覚を失った身重の女性がある晩、突然現れた正体不明の女性による襲撃から逃れようとする恐怖を描く。聴覚障害のある出産間近な妊婦というハンデ、その胎児を出産させ奪おうとする謎の女の取り合わせがスリリングですな。謎の女の執拗なまでのサイコぶりが怖い。その動機を最後まで気づかせないのは上手いね。ただ、ワンシーンを除き、聴覚障害をそれ程活かせてないのが残念。レイチェルをもっと美しく撮って欲しいな。
インサイドを買って観る
インサイドを借りて観る
こちらのインサイドレビューも参考に
posted by どん at 18:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。