2020年07月24日

ダーク・スクール


2020.Apr.12
☆☆★★★
Down a Dark Hall (2018) on IMDb

実父を亡くし、その後義父と母と過ごすキット(アナソフィア・ロブ)は、素行が悪く高校を退学になる。両親は更生のため森の奥にある、名門寄宿学校に連れて行くことに。キットは、学長(ユマ・サーマン)により、携帯電話を没収され、外部との連絡を遮断される。そこでは同じような女子学生たちが共に過ごし、授業を受け、数学、音楽、美術などそれぞれの隠れた才能が開花していく。しかし、次第に絵に没頭し我を忘れたり、部屋にこもり雄たけびをあげる生徒がでてくる。不審に思ったキットは、やがて隠された学校の恐ろしい過去を知ることになる。

ロイス・ダンカンの『Down a Dark Hall 』が原作。素行不良で高校を退学になり、森の奥の名門寄宿学校に入れられた女子高生が、生徒たちの異変に気付き、隠された学校の過去を知るお話。生きた人間を媒介に、早逝した芸術家の新作を制作する試みは面白い。だが、それ以上の何かを得られるわけではないのが残念ね。
ダーク・スクールを借りて観る
こちらのダーク・スクールレビューも参考に
posted by どん at 10:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。