2020年05月29日

情欲怪談 呪いの赤襦袢


2020.05.13
☆☆★★★
冴子(浜崎真緒)は悪夢を見ていた。一人の女(栄川乃亜)を辱める冴子。冴子はその女の首に鎖を巻きつけ絞め殺す。 冴子は、真一と名乗る夫と暮らしている。しかし彼女は記憶がなく、彼が夫かどうかすらわからない。優しく彼女を抱く真一と、それにこたえる冴子。しかし、その2人のセックスを一台のカメラが撮っていた。精神科医を名乗る女(加藤絵莉)が、冴子の表情を分析していた。真一は、精神科医と肉体関係にあった。ある夜、物音で目覚めた冴子がすすり泣き声の聞こえる居間の扉を開けると、女のシルエットが。だが、真一はそんな話を信じてくれない。その後も怪奇現象は続き、冴子が部屋を出ると、床に赤い腰巻が落ちていた。それには真一の祖父・茂三が終戦直後に遊郭で知り合ったお吉という女の呪いがあるらしい。

1960年前後の邦画全盛期の雰囲気を意識してるのかな。5名のAVさんがしょっちゅう不倫、レズやSMをしてる中、怪奇も織り込んだり。大したストーリーでもないけど、浜崎真緒がキュートなこともあり、暇つぶしにはなるね。
情欲怪談 呪いの赤襦袢を借りて観る
posted by どん at 22:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。