2019年11月17日

バイオハザード:ザ・ファイナル


2019.Sep.15
☆☆☆★★
Resident Evil: The Final Chapter (2016) on IMDb

いまやT-ウイルスは世界中に蔓延し、地上は狂暴な“アンデッド”で埋め尽くされようとしていた。人工知能レッドクイーン(エヴァー・アンダーソン)との戦いに敗れ、瓦礫の中で独り目を覚ましたアリス(ミラ・ジョヴォヴィッチ)。そんな彼女の前に廃墟のコンピューターを通じてレッドクイーンが現れ、48時間以内に人類は滅びること、そしてそれを食い止める方法を告げる。最後の望みはラクーンシティにあるアンブレラ社の研究施設“ハイブ”に隠されているというT-ウイルスを死滅させる薬剤の存在。それを散布すればT-ウイルスに感染したアンデッドを全滅させられる。こうしてアリスは、クレア(アリ・ラーター)ら生き残った仲間たちとともに、アンデッドの大群と恐るべきモンスターたちが待ち構えるハイブを目指して最後の戦いへと身を投じていく。ハイブの中枢まで辿り着いたアリスは、アンブレラ社創設に関与した3人の幹部と邂逅し、自身の出生に関する真実を告げられる。

ミラ・ジョヴォヴィッチもの。『バイオハザード』シリーズ、第6弾にして完結編。アリスと、人間をアンデッド化するT-ウィルスを開発したアンブレラ社との壮絶な最後の戦いを描く。モデルのローラも出演。アリスの正体が明かされるのがウリなんだが、気にしたことなかった。ファイナルだから、収束・回収するのは致し方ないけど、それが軸だと面白味に欠けるのは否めない。レーザートラップルーム内の攻防はシリーズならではで好き。速くて大量のアンデッドは嫌やね。
バイオハザード:ザ・ファイナルを買って観る
バイオハザード:ザ・ファイナルを借りて観る
こちらのバイオハザード:ザ・ファイナルレビューも参考に

posted by どん at 21:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。