2019年11月08日

ザ・モンスター (2016)


2019.Sep.07
☆☆★★★
The Monster (2016) on IMDb

サウスカロライナ州。キャシー(ゾーイ・カザン)は10歳の娘リジー(エラ・バレンティン)を元夫の家まで送り届けていた。キャシーは酒に溺れる生活を送っていたため、リジーとの仲は険悪そのもの。道中、キャシーはオオカミを轢いてしまう。不思議なことに、オオカミの死体についている傷跡は動物の爪痕のようなものだった。キャシーが負傷したため、リジーはレッカー車と救急車に出動を要請する。レッカー車が到着すると、運転手のジェシーは直ちに作業に取りかかる。リジーがふと車外に目をやると、オオカミの死体がいつの間にか消え失せていた。リジーとの口論の末、キャシーは車の外に出たが、ジェシーの姿はどこにも見当たらなかった。キャシーが周囲を探していると、車のルーフに何かが落ちた音がした。それはジェシーの切断された腕だった。その直後、ジェシーが苦痛に顔を歪めたまま、森の中から這いずり出てきた。キャシーは仰天しつつもジェシーを救おうとしたが、失敗に終わる。ジェシーはモンスターに食べられてしまった。ほどなくして、救急車が2人の下にやってきたが、隊員たちは為す術もなくモンスターに殺されてしまう。2人は救急車に乗ってその場を離れようとしたが、モンスターの攻撃が原因で木に衝突し、救急車も動かなくなってしまう。彼らが次々と獲物になる中、モンスターの“ある弱点”を見つけたキャシー。重傷を負ったキャシーは自らの命がもう長くないことを悟り、命を犠牲にしてリジーを逃がすことにする。別れ際、キャシーは「貴方は私の宝物よ」と言い、それを聞いたリジーは、優しかった頃の母の記憶を不意に思い出し、敢えてモンスターを倒す決断を下す。

シングルマザーの女が10歳の娘を元夫の家へ送る途中、事故を起こして立ち往生してしまい、謎のモンスターに襲われるお話。助けに行くのか、車に潜んでいるのか、母親と娘のポリシーが度々入れ替わってキャラに一貫性がないのに違和感。さっさと逃げないで、もたもたしてるのに焦れて興醒め。母娘の絆の再生に主眼があったとしても、子を救おうとする親の話は幾らでもある。
ザ・モンスターを買って観る
ザ・モンスターを借りて観る
こちらのザ・モンスターレビューも参考に

posted by どん at 22:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。