2019年10月21日

デス・クルー


2019.Aug.16
☆☆★★★
The Night Crew (2015) on IMDb

メキシコとアメリカの国境近くで二人の男が、美しいアジア人の女、メイ(チャスティ・バレステロス)を連れ去ろうとしていた。彼女はメキシコのギャングのボス、エドワルド(ダニー・トレホ)の恋人だった。組織の秘密を知るメイをエドワルドの部下は捕えようとするが、そこにウェイド(ルーク・ゴス)率いる4人のバウンティーハンターが表れ、懸賞金がかけられているメイを横から連れ去る。しかし、メイは反抗的で、一度はウェイド達から逃げ出すが、エドワルドの部下からも追い詰められ、仕方なくメイはウェイド側に付く。エドワルドが送った武装軍団とバウンティーハンター達の激しい攻防に発展する。

2017.May.06以来の再見。所感は変わらずなので、再掲。ダニー・トレホもの。懸賞金の懸けられたアジア美女をめぐり、史上最強のバウンティーハンターとメキシコギャング達の攻防を描く。銃弾戦が結構見どころかと。その銃弾戦の最中に三角関係で内輪揉めとは、興を削ぎますな。本作のダニー・トレホは悪役。点滴シーンは珍しいね。吸血鬼だからか…、それは無いだろ感満載。チャスティ・バレステロスがキレイなのが救い。
デス・クルーを買って観る
こちらのデス・クルーレビューも参考に
posted by どん at 21:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。