2019年10月12日

ディストラクション・ベイビーズ


2019.Aug.14
☆☆★★★
2011年の愛媛県松山市。両親を早くに亡くし、港町で喧嘩に明け暮れる芦原泰良(柳楽優弥)は、ある日、同居していた弟の将太(村上虹郎)の元から姿を消す。繁華街に現れた泰良は、道行く人々に次々と喧嘩を仕掛ける。高校生の北原裕也(菅田将暉)は泰良に興味を持ち、彼と行動を共にするようになる。泰良と裕也は、商店街で暴力沙汰を起こしつづけ、世間からの注目を集める。2人は自動車を盗み、街を立ち去る。その車に乗っていたキャバクラ嬢の那奈(小松菜奈)は拘束されて、彼らに同行する羽目に。同じ頃、商店街を訪れていた将太は、兄を捜そうとするが、友人たちと仲間割れする。翌日、泰良たちを乗せた車が農村に着く。自分たちがテレビ番組やインターネットで取り上げられて警察に追われている身だと知った裕也は、苛立ちを募らせて、那奈に運転を代わらせる。那奈は、殴り倒された農夫が車の前に横たわっていることを知らず、農夫を轢いてしまう。

路上でいきなり見知らぬ人に殴りかかりストリート・ファイトを繰り返す野獣のような男と、彼の危険なゲームに巻き込まれ狂気に駆られる若者たちの姿を描く。カミュの『異邦人』に通ずるものを感じたね。これといった理由がなく、人間に内在する暴力気質がデフォルメされた感じ。若者にある、言いようのない疼き、苛立ちの表現と言えないことはない。狡猾で世渡り上手な女も本質だね。弱い者を虐げ、自分では然したることもせずに煽る裕也の様なウザい人間も多い。彼が主導権を取ってからブレた感じ。ただ、これを観たから感銘を受けたり、人生を洞察することはない。
ディストラクション・ベイビーズを買って観る
ディストラクション・ベイビーズを借りて観る
こちらのディストラクション・ベイビーズレビューも参考に

彼女は、農夫の体をトランクに押し込むよう裕也から指示されるが、その作業の最中、農夫が息を吹き返す。とっさに那奈は農夫の首を絞めて、彼の息の根を止める。その夜、泰良と裕也が乗った車を運転する那奈は、意図的に速度を上げて、対向車と衝突させる。瀕死状態で車を降りた裕也は、那奈に何度も蹴られた挙げ句、命を落とす。泰良は、対向車に乗っていた男性を殴り倒し、行方をくらます。入院した那奈は、警察からの事情聴取に対して、全ての責任を泰良と裕也に負わせる。将太は港町に帰ってくるが、兄が事件を起こしたことにより、友人たちから侮辱を受ける。逆上した将太は友人たちに暴力をふるう。将太は、地元で開催される喧嘩御輿を見に行き、その壮観に目を奪われる。同じ頃、港町に帰ってきていた泰良は、職務質問を行おうとした警察官と揉み合いになる。夜空に1発の銃声が響き渡る。泰良は、横たわる警察官を残し、その場をあとにする。

posted by どん at 21:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。