2019年10月07日

ベイビー・ドライバー


2019.Aug.12
☆☆★★★
Baby Driver (2017) on IMDb

ベイビー(アンセル・エルゴート)。その天才的なドライビング・センスが買われ、組織の運転手として彼に課せられた仕事は、銀行、現金輸送車を襲ったメンバーを確実に「逃がす」こと。子供の頃の交通事故が原因で耳鳴りに悩まされ続けているベイビー。しかし、音楽を聴くことで、耳鳴りがかき消され、そのドライビング・テクニックがさらに覚醒する。そして誰も止めることができない、追いつくことすらできない、イカれたドライバーへと変貌する。組織のボスで作戦担当のドク(ケヴィン・スペイシー)、すぐにブチ切れ銃をブッ放すバッツ(ジェイミー・フォックス)、凶暴すぎる夫婦、バディ(ジョン・ハム)とダーリン(エイザ・ゴンザレス)。彼らとの仕事にスリルを覚え、才能を活かしてきたベイビー。しかし、このクレイジーな環境から抜け出す決意をする。それは、恋人デボラ(リリー・ジェームズ)の存在を組織に嗅ぎつけられたからだ。自ら決めた“最後の仕事”=“合衆国郵便局の襲撃”がベイビーと恋人と組織を道連れに暴走を始める。

ギャングに雇われ、“逃がし屋”として働く天才ドライバーの青年の活躍と恋の行方を描く。カー・チェイス・ミュージカルと呼ばれてるらしく、楽曲とカーアクションがシンクロしてるのは興味深いけど、ミュージカルのような感動を与えてくれるわけではないね。人懐っこいデボラ役リリー・ジェームズには好感を持つけど、ときめかないな。
ベイビー・ドライバーを買って観る
ベイビー・ドライバーを借りて観る
こちらのベイビー・ドライバーレビューも参考に

posted by どん at 21:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。