2018年06月10日

ランナウェイ 逃亡者


2018.May.19
☆☆★★★
The Company You Keep (2012) on IMDb

1969年、ベトナム戦争反対を訴え連続爆破事件をおこした過激派グループ“ウェザーマン"。全米を震撼させFBIの最重要指名手配リストに載った彼らはその後忽然と姿を消した。30年後、元メンバーの1人が、かつてのミシガン銀行襲撃とその際の守衛殺害の容疑で突如逮捕される。新聞記者のベン(シャイア・ラブーフ)は、再び注目されたその事件を追ううちにある人物にたどり着く。それは、愛娘を男手1人で育てながら穏やかに生活するアメリカの模範的な市民、弁護士のジム・グラント(ロバート・レッドフォード)だった。ジムは、最愛の娘を弟に託し、逃亡を図る。ベンの目的は、かつての同志ミミ・ルーリーに会うことだった。FBIが追跡する中、ベンはジムの足跡を追う内に事件の真相へと近づいていく。

アナ・ケンドリックもの。ニール・ゴードンの同名小説が原作。ロバート・レッドフォード監督・製作・主演作。FBIの捜査の手をすり抜け30年近く行方をくらませていた過激派組織メンバーの変わらぬ絆を描く。アクションでもサスペンスでもないです。つまらなくはないけど、緊張感や盛り上がりに欠けるな。自分の子供のために、無実を証明しようとして、元恋人に自首を頼む流れでは致し方ないね。お爺ちゃんと孫にしか見えないしな。その割に、テレンス・ハワード、スーザン・サランドン、ニック・ノルティ、ジュリー・クリスティ、クリス・クーパー、ブレンダン・グリーソン、リチャード・ジェンキンス、スタンリー・トゥッチなど一度は目にしてるはずの豪華キャスト。
ランナウェイ/逃亡者を買って観る
ランナウェイ/逃亡者を借りて観る
こちらのランナウェイ/逃亡者レビューも参考に
posted by どん at 17:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。