2019年10月17日

レヴェナント:蘇えりし者


2019.Aug.15
☆☆★★★
The Revenant (2015) on IMDb

1823年、アメリカ北西部の極寒地帯。とある毛皮ハンターの一団は先住民の襲撃を受け、多大な犠牲を払いながら命からがら川を下っていた。ハンターのひとり、ヒュー・グラス(レオナルド・ディカプリオ)は先住民の妻との間にもうけた息子ホークとともにガイドとして同行していた。船を捨て山越えルートを進んでいた最中、グラスは見回り中に子連れの熊に襲われ重傷を負う。隊長のアンドリュー・ヘンリーは瀕死のグラスを残して出発することを決断し、彼の最期を看取り埋葬する者として、ホークと金に釣られたジョン・フィッツジェラルド(トム・ハーディ)、グラスを慕う若いジム・ブリッジャー(ウィル・ポールター)が残ることになった。ジョンは2人がいない間にグラスを殺そうとするところをホークに見つかり銃を向けられるが、返り討ちに殺してしまう。一部始終を見ていたが動けないグラスは奇跡的に一命をとりとめ、折れた足を引きずり這いながらジョンを追い始める。

マイケル・パンクの小説『蘇った亡霊:ある復讐の物語』が原作。アカデミー監督賞、撮影賞、レオナルド・ディカプリオの悲願の主演男優賞受賞作。熊に襲撃され、過酷な自然にさらされながらも生き延びたハンターが、自分を取り残したハンター仲間への復讐を果たそうとするお話。壮絶な復讐劇として見応えはあるのだが、過酷な状況を演出するためか、各シーンが長く、作品全体も間延びした感じがする。楽曲は、坂本龍一だったのね。リーアム・ニーソンの『THE GREY 凍える太陽』が似たような作品。製作はこちらの方が先で、過酷な自然や狼との対峙で、復讐劇じゃないけど。
レヴェナント:蘇えりし者を買って観る
レヴェナント:蘇えりし者を借りて観る
こちらのレヴェナント:蘇えりし者レビューも参考に

posted by どん at 22:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする