2019年10月13日

神様メール


2019.Aug.14
☆☆☆★★
The Brand New Testament (2015) on IMDb

世界を創造した神様(ブノワ・ポールヴールド)は、ブリュッセルのアパートで家族と暮らしていた。神様はパソコンで世界を操り、人々の生活を面白半分に引っかき回して楽しんでいた。ある日、神様の娘10歳のエア(ピリ・グロイン)は人間に運命に縛られずに生きてほしいと思って、神様のパソコンから人々に余命を知らせるメールを送ったから、さあ大変!そして兄JC(イエス・キリスト)のアドバイスに従い、そのままアパートから家出すると、大混乱の街に繰り出し、6人の使徒を探す旅に出る。世界中が大パニックな中、エアの小さくてヘンテコな奇跡は思いがけず人々のお悩みを解決していく。会社員は鳥を追い北極まで大冒険、殺し屋は不死身の美女にめぐりあい、夫と冷めた関係の主婦(カトリーヌ・ドヌーヴ)はゴリラと恋に落ち……皆、それぞれの生きがいを見つけていく。しかしエアが最後に出会ったウィリーは死期が迫っていた。

カトリーヌ・ドヌーヴもの。神様の10歳になる娘が、人々の余命をメールで知らせてしまい、世界中に混乱が広がる中、人間界に舞い降りた娘が悩める人々と繰り広げる奇跡の数々を描く。神や奇跡をネタにしたコメディとして、大変面白いね。キリスト教圏でこういう作品を作るとは懐深いわ。神は自分の楽しみのために人間に試練を与えてると考えれば、救いが齎されないのも納得。JCに妹がいる設定も妙。これを観ると、『聖☆おにいさん』の笑いが如何に表層的かがわかるな。
神様メールを買って観る
神様メールを借りて観る
こちらの神様メールレビューも参考に

posted by どん at 18:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする