2019年10月04日

エントラップメント


2019.Aug.11
☆☆★★★
Entrapment (1999) on IMDb

NYの高層ビルからレンブラントの名画が盗まれた。美貌の保険調査員ジン(キャサリン・ゼータ=ジョーンズ)は犯人は美術品専門の怪盗マック(ショーン・コネリー)と目星をつけ、上司クルーズ(ウィル・パットン)に中国の黄金のマスクを餌にマックを罠にかけることを提案。彼女は自らマックに接近し、彼の相棒となり、犯行の確証をつかもうとする。老練で慎重そのもののマックは最初はジンを信用しなかったものの、やがて彼女に泥棒の資質があることを見抜いてパートナーにする。訓練が続くがその過程でマックはジンが保険会社の調査員だと知り、尋問するが、彼女はセキュリティコードを盗むための方策だと抗弁。嫌疑を晴らしたジンはNYの銀行から2000年1月1日にコンピュータの誤作動を起こさせて80億ドルもの巨額を強奪する計画を持ちかけた。マックの相棒のティボドー(ヴィング・レイムス)はジンの正体を疑って彼に忠告するが、計画は進められる。かくしてふたりは互いの腹のうちを探りつつ、前代未聞の巨大な罠を仕掛ける。

キャサリン・ゼタ=ジョーンズもの。老練な美術泥棒と美貌の保険会社調査員の駆け引きを描く。『トーマス・クラウン・アフェアー』と似た配役設定なのだが、内容は全く異なるね。調査員も泥棒。後のMIを思わせながら、粋で面白い。ややメリハリに欠けるのが残念かな。キャサリン好きなんだが、本作にはときめかなかったわ。
エントラップメントを買って観る
エントラップメントを借りて観る
こちらのエントラップメントレビューも参考に
posted by どん at 21:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする