2019年09月30日

ジグソウ:ソウ・レガシー


2019.Aug.10
☆☆★★★
Jigsaw (2017) on IMDb

遺体安置室の検視台に半裸の男。それは街中の公園で見つかった死体。 死体を見つめる刑事のハロラン(カラム・キース・レニー)とキース(クレ・ベネット)、検視官のローガン(マット・パスモア)とエレノア(ハンナ・エミリー・アンダーソン)。 男が被っているバケツを外すと、顔半分がはがれ顎から上が無い。 首の皮膚はジグソウパズル型に切り取られている。伝説の連続殺人犯“ジグソウ"のやり口、殺害したのはジグソウの模倣犯か?傷の奥から抜きだしたUSBスティックをパソコンで起動すると、「ゲームは始まった。4人の罪人が犯した罪が償われるまで終わらない」、その声はまさしくジグソウ。彼は10年前に死んだはずなのに。ジグソウに後継者がいたのか、彼に心酔する者による犯行なのかと、さまざまな推測が飛び交う。

『ソウ ザ・ファイナル 3D』で2010年に完結した『ソウ』シリーズの新生第1作。一連の事件の犯人だった殺人鬼“ジグソウ”ことジョン・クレイマーの死から10年が経ち、新たなゲームが繰り広げられる。『ソウ』シリーズは大好きなのだが、1作目が最高峰ですな。何らか犠牲を払うことでトラップを逃れられるかもしれない可能性が低すぎるかな。その極限の葛藤から生まれる改心がジグソウの意図であり、作品の醍醐味なんだが。そうでないと逃れられない死の拷問に成り下がってしまう。過去と現在を同じ時間軸のように見せたことが一つのポイントなんだが、カタルシスに繋がってないな。アナ役のローラ・ヴァンダーヴォートは、TVシリーズ『V』のエイリアンのリサ役だった方ね。好きなタイプ。検視官役のハンナ・エミリー・アンダーソンも雰囲気良いね。
ジグソウ:ソウ・レガシーを買って観る
ジグソウ:ソウ・レガシーを借りて観る
こちらのジグソウ:ソウ・レガシーレビューも参考に

posted by どん at 22:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月29日

ちはやふる-上の句-


2019.Aug.09
☆☆☆★★
綾瀬千早(広瀬すず)、真島太一(野村周平)、綿谷新(真剣佑)の3人は幼なじみ。新に教わった“競技かるた”でいつも一緒に遊んでいた。そして千早は新の“競技かるた”に懸ける情熱に、夢を持つということを教えてもらった。そんな矢先、家の事情で新が故郷の福井へ戻り、はなればなれになってしまう。「新にもう一度会いたい。会って『強くなったな』と言われたい。」千早の想いが情熱に変わるとき、百人一首のごとく、世界が煌びやかに色づき始める。高校生になった千早は、新に会いたい一心で“競技かるた部”創部を決意。高校で再会した太一を再び巻き込み、2人で部員集めに奔走する。やがて古典大好き少女・大江奏(上白石萌音)、経験者の“肉まんくん”こと西田優征(矢本悠馬)、秀才の“机くん”こと駒野勉(森永悠希)の勧誘に成功し、ついに千早悲願の競技かるた部が産声を上げる。全国大会を目指して練習に励み、東京都予選に臨む。

松岡茉優もの。末次由紀の同名コミックが原作。高校で競技かるた部を立ち上げ、全国大会を目指し地方予選に臨む娘と部員たちとの熱き青春模様を描く。程よいスポ根ぶりで、上手く成長物語に仕立ててますな。決勝戦でチームワークが育まれ、流れを引き寄せる展開に泣けるわ。広瀬すずが、元気印を演じた当たり役として、語り継がれる気がする。
ちはやふる-上の句-を買って観る
ちはやふる-上の句-を借りて観る
こちらのちはやふる-上の句-レビューも参考に

posted by どん at 16:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月28日

ガール・オン・ザ・トレイン


2019.Aug.09
☆☆★★★
The Girl on the Train (2016) on IMDb

愛する夫と離婚し、傷心の日々を送るレイチェル(エミリー・ブラント)。彼女の唯一の慰めは、通勤電車の窓から見える“理想の夫婦"だった。幸せそうな二人は、かつてレイチェルが夫のトム(ジャスティン・セロー)と暮していた家の近くに住んでいた。トムは今その家で、妻のアナ(レベッカ・ファーガソン)と生まれたばかりの娘と新しい人生を始めている。ある朝、レイチェルはいつもの車窓から衝撃的な場面を目撃する。それは、“理想の妻"(ヘイリー・ベネット)の不倫現場だった。翌日、レイチェルは夫婦の様子が気になり、確認するべく駅を降りる。しかし、彼らの家へ向かったところから記憶がなくなり、気が付けば自分の部屋で大けがをして倒れていた。まもなく“理想の妻"メガンは、死体で発見される。なぜか周囲から疑惑の目を向けられるレイチェル。どうやら、あの日の“空白の時間"に原因があるらしい。レイチェルが記憶を取り戻そうとすると、関わる人々の思いがけない秘密が明かされていく。

ポーラ・ホーキンズの同名小説が原作。離婚の悲しみから立ち直れずにいるアルコール依存症の女が、通勤電車から眺めていた“理想の夫婦”を襲った衝撃の事件に次第に巻き込まれていくお話。アル中で記憶がない中、どうせ思い出すならもっと早く提示しないとミステリーにならないな。アル中で無職の女が毎日電車に乗って何してんだか。しかも過去を引きずり過ぎで、こっちの方が余程怪しいし怖い。
ガール・オン・ザ・トレインを買って観る
ガール・オン・ザ・トレインを借りて観る
こちらのガール・オン・ザ・トレインレビューも参考に
posted by どん at 21:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする