2019年07月31日

トーマス・クラウン・アフェアー


2019.Jun.16
☆☆★★★
The Thomas Crown Affair (1999) on IMDb

NY。トーマス・クラウン(ピアース・ブロスナン)は自身のビル“クラウン・タワー”を根城に辣腕を奮う大富豪。だが彼は裏で名画を鮮やかな手口で盗み出すことを道楽としていた。夏のある日、美術館からモネの絵画が白昼堂々消えた。保険会社から派遣された敏腕調査員キャサリン・バニング(レネ・ルッソ)は真犯人の存在をNY署のマッキャン警部(デニス・レアリー)に告げる。クラウンに会ったキャサリンは大胆にも彼が犯人だと指摘。クラウンは騒がず、彼女の挑戦を受けて立った。キャサリンはクラウンをデートに誘い出し、彼の屋敷の合鍵を手に入れて侵入、美術館のようなそこで件のモネの絵画を発見。ところがそれは贋作だった。はめられたと知ったキャサリンはクラウンに会いに行くが彼はそこで謎めいた美女アンナ(エスター・カニャーダス)と踊っていた。ふたりの間に割り込み、情熱的に踊ってみせるキャサリン。ふたりはその夜結ばれた。ひとときのヴァカンスを楽しむふたりだが、クラウンは頻繁にアンナと密会していた。それを知って本来の自分を取り戻したキャサリンに、クラウンは不動産を処分して一緒に逃亡しようと持ちかける。愛と仕事意識の間で揺れるキャサリン。そんな彼女にクラウンは「明日、モネの絵を美術館に返す。その後逃亡しよう」と告げた。かくしてキャサリンとクラウンは、お互いの愛と信頼に対して最後の賭けに挑む。

スティーヴ・マックイーン、フェイ・ダナウェイ主演『華麗なる賭け』のリメイク。絵画強盗を道楽にする大富豪と保険会社の敏腕女性調査員の泥棒ゲームと恋の駆け引きを描く。スタイリッシュで粋で手口も鮮やかで面白いのだが、テンポ感がだれ気味でやはり一昔前の作品と感じてしまう。ヒロインのレネもおばさんだしね。エスター・カニャーダスに関心が向いてしまう。
トーマス・クラウン・アフェアーを買って観る
トーマス・クラウン・アフェアーを借りて観る
こちらのトーマス・クラウン・アフェアーレビューも参考に

posted by どん at 22:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月30日

技術者たち


2019.Jun.16
☆☆★★★
The Con Artists (2014) on IMDb

優れた頭脳を持つ金庫破りのジヒョク(キム・ウビン)は、あらゆる方法で人を惑わす詐欺師でもあった。その仕事に最適な人材を見つけるグイン(コ・チャンソク)、どんなセキュリティシステムでも破れる天才ハッカー・ジョンベ(イ・ヒョヌ)と手を組んで宝石店を襲い、一夜にして彼らは有名になる。宝石店が財界の大物チョ社長(キム・ヨンチョル)の店だったころから、チョ社長はジヒョクらに目をつけ、ある壮大な計画を持ち込む。それは、北東アジアで最高のセキュリティを誇る仁川税関に隠された1500億ウォンを制限時間40分以内に盗むという強奪計画であった。チョ社長に強請られたままでは命が危ないため、ジヒョクらはチョ社長を出し抜く計画を企てる。

40分の制限時間内に1500億ウォンの強奪を強要された犯罪プロ集団が、それを出し抜く強奪計画を実行するお話。巧みに仕込んだ騙し合いでつまらなくはないのだが、派手な割に何だかちまちましてるのと、キム・ウビンの美男ぶりが気に障る。似たようなプロットの『ダブルバウンド』の方が、スタイリッシュで面白い。
技術者たちを買って観る
技術者たちを借りて観る
こちらの技術者たちレビューも参考に

posted by どん at 22:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月29日

後妻業の女


2019.Jun.15
☆☆★★★
結婚相談所主催のパーティーで可愛らしく自己紹介する武内小夜子(大竹しのぶ)の魅力に、男たちはイチコロになっている。その一人、耕造(津川雅彦)と小夜子は惹かれ合い、結婚する。2人は幸せな結婚生活を送るはずだった。2年後、耕造が脳梗塞で突然倒れる。耕造の娘、中瀬朋美(尾野真千子)と姉の西木尚子(長谷川京子)が病院で合流すると、のんきに着替えを持って来た小夜子から法外な葬式費用を要求される。かねてから耕造の世話をろくにしていないように見えた小夜子に激昂する朋美と、ただただ唖然とする、主婦で世間知らずの尚子だったが、耕造は快復することなく亡くなってしまう。さらに、小夜子に法的効力のある遺言公正証書を突き付けられ、小夜子が全財産を相続する事実を言い渡される。朋美は同級生の弁護士に助けを求め、さっそく小夜子の調査が始まる。なんと小夜子は、金持ち老人を色香で虜にし、後妻に入って金品を巻き上げる“後妻業の女"だったことが発覚する。小夜子は過去に8人もの男と結婚を繰り返しては夫の行方がわからなくなっており、その背後には結婚相談所所長の柏木亨(豊川悦司)の影があった。朋美は裏社会の探偵・本多(永瀬正敏)とともに、次々と後妻業を繰り返してきた小夜子と柏木を追及する。一方小夜子は、次のターゲットである不動産王・舟山(笑福亭鶴瓶)を本気で愛してしまう。

黒川博行の『後妻業』が原作。高齢男性をたぶらかして後妻に収まり、死んだら遺産を総取りしてしまう“後妻業”の女と、裏で糸を引く結婚相談所の男を軸に、彼女らに翻弄される人々を描く。後妻業の仕組みや悪徳ぶりが良くわかるね。殺してしまってはいかんが、人生の最期を楽しませてくれたのなら、それで良いのかも。主役級が並ぶ豪華キャストだね。
後妻業の女を買って観る
後妻業の女を借りて観る
こちらの後妻業の女レビューも参考に

posted by どん at 22:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする