2019年06月30日

ナイト&デイ


2019.May.18
☆☆☆★★
Knight and Day (2010) on IMDb

理想の男性との出会いを夢見る平凡な女性ジューン(キャメロン・ディアス)は、妹エイプリル(マギー・グレイス)の結婚式に出席するために乗ったボストンへと向かう飛行機で、ロイ・ミラー(トム・クルーズ)と名乗るハンサムな笑顔に胸をときめかせる。しかし、彼女が化粧室に入った瞬間、ロイは機内に潜んでいた敵一味と大乱闘を繰り広げる。そして、何も知らず席に戻ってきたジューンにパイロットを殺したことを告げると、パニックに陥る彼女をあやしながら見事に飛行機を不時着させる。ロイは、1週間前までCIAエージェントで、カンザスの研究所から重要な試作品を盗んだとしてCIAに追われる身であることを知らされる。敵の狙いは、革命的な電池と高校を出たばかりの開発者サイモンにあった。ロイと出会って以来、ことあるごとに危険な目に遭うジューンだったが、いくつもの危機を助けられ、彼に惹かれていく。ジューンは、世界各地で過激な局面を切り抜けつつ事の収束に奔走する。

キャメロン・ディアスもの。キュートで平凡な女と正体不明の元スパイが、恋の予感と世界中をめぐる壮絶な逃走劇に巻き込まれていくお話。凝った展開ではないけれど、軽いタッチで楽しいのが良いね。巻き込まれたのに楽しんじゃうキャラだからキャメロン向けなのね。かつてならゴールディ・ホーンかな。
ナイト&デイを買って観る
ナイト&デイを借りて観る
こちらのナイト&デイレビューも参考に
posted by どん at 23:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月29日

ヴァン・ダム IN コヨーテ


2019.May.14
☆☆★★★
Inferno (1999) on IMDb

荒野を赤いバイクに乗り疾走する、エディ・ロマックス(ジャン=クロード・ヴァン・ダム)。かつて腕利きの兵士だった彼は、傷つき今は生きる望みを失う中、戦友ジョニー(ダニー・トレホ)の元へ向かう。道中、近辺の悪党ホーガン3兄弟に絡まれ、瀕死の重傷を負わされる。ジョニーに発見され、エディは何とか一命をとりとめる。やがて、近隣の町はホーガン一家が麻薬売買で牛耳り、腐敗し尽くしていることを知る。戦士としての闘争本能を呼び覚まし、ホーガン一家へ立ち向かっていく。

ダニー・トレホもの。腐敗した町を、かつての凄腕兵士が浄化するお話。ダニーが出てるので、久々にヴァン・ダム作品を観る。『荒野の用心棒』をベースにしているらしい。ダニーにもっと暴れて欲しかったな。作品としては、緩い出来で、ヴァン・ダム人気が陰るのも致し方ない感じ。
こちらのヴァン・ダム IN コヨーテレビューも参考に
posted by どん at 18:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月28日

映画「咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A」


2019.May.14
☆☆★★★
かつて選手として阿知賀を全国へと導いた赤土監督(南沢奈央)の下、全国高校麻雀大会・奈良県予選で強豪を打ち破り、インターハイ団体戦への出場を決めた阿知賀女子学院・麻雀部の5人。高鴨穏乃(桜田ひより)は、長野県代表・清澄高校の主力選手、原村和(浅川梨奈)と子どもの頃に麻雀を打ったことがある幼なじみ。彼女ともう一度対局したい。強くなった自分を見て欲しい。そして、あの頃の麻雀の楽しさをもう一度、感じたい、その一心で、ここまで勝ち抜いてきた彼女たちだったが、清澄と戦うためには決勝に駒を進めねばならない。準決勝に進出した彼女たちの前に、全国レベルの強豪校が立ちはだかる。中でも西東京代表の白糸台高校は清澄高校の大将、宮永咲の姉で、無敗を誇る絶対王者、宮永照(浜辺美波)率いる優勝候補チーム。無名校の阿知賀にとって、それはあまりにも高い壁だった。大将の一年生、高鴨穏乃をはじめとする阿知賀の面々はこの強敵に挑んでいく。

小林立原案、五十嵐あぐり作画の同名コミックが原作。幼なじみともう一度麻雀が打ちたいという思いを胸にインターハイへと進出した奈良県・阿知賀女子学院・麻雀部の生徒たちの戦いを描く。TVシリーズは県予選で、映画では県予選を突破した後のインターハイが舞台。『咲-Saki-』の方が面白かったが、本作でも何だか泣けた。能力が高い者同士が鎬を削るから面白いのだな。あれだけ若い女の子が出てる中、浜辺美波の美形ぶりは別格ですな。
映画「咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A」を買って観る
こちらの映画「咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A」レビューも参考に
posted by どん at 23:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする