2018年12月31日

ミッドナイト・スペシャル


2018.Dec.09
☆☆★★★
Midnight Special (2016) on IMDb

とあるモーテル。ロイ(マイケル・シャノン)と友人のルーカス(ジョエル・エドガートン)は児童誘拐警報を視聴していた。8歳の男の子アルトン(ジェイデン・リーバハー)が何者かによって誘拐されたのだという。2人の側では、まさにそのアルトンが本を読んでいた。その頃、息子のアルトン誘拐の一報を聞いたカルヴィン・メイヤー牧師(サム・シェパード)は2人の信徒をアルトン救出のために派遣した。カルヴィンはテキサス州の田舎町を拠点にした牧場という名のカルト教団を率いていた。カルヴィンが礼拝を行っていると、そこにFBIがやってきた。その中には国家安全保障局でアナリストを務めるポール・セヴィエ(アダム・ドライバー)の姿があった。ポールはカルヴィンの説教内容に政府機密が含まれていることを知り、どうやってそれを入手したのかを問い質しに来たのである。カルヴィンは「息子のアルトンが教えてくれたのです」と答えるばかり。アルトンには超能力が備わっており、その力に恐れをなした母親サラ(キルスティン・ダンスト)は逃げ出した。そのため、牧場の教団員がアルトンを養育したのだという。カルヴィンと教団員はアルトンが超能力によって神と交信していると確信していた。州兵の追跡をかわした後、ロイとルーカスはエルデンの家に向かう。その夜、ロイとルーカスは地震で目を覚ました。アルトンの無事を確かめに行った2人は、アルトンが目から光線を放ってエルデンと交信する光景を目にする。2人はやっとの思いでアルトンをエルデンから引き離すことができた。2人はアルトンが指し示した場所に向かうことにした。その頃、FBIはロイとルーカス、アルトンの行方を必死で追っていた。

不思議な超能力を持つ少年を狙うカルト教団と政府組織から彼を守るため、少年の父とその親友の逃避行を描く。息子が超人的能力を持ったエイリアンで、無事に去らせるまでを延々と見せられる。意表を突く展開があるわけでもなく、かなり退屈。『未知との遭遇』系が好きな方には向くのかも。
本年最後の投稿。ラストにふさわしい作品でもないですが… 365日分、UPできました。来年も続けられるかな…
ミッドナイト・スペシャルを買って観る
ミッドナイト・スペシャルを借りて観る
こちらのミッドナイト・スペシャルレビューも参考に
続きを読む
posted by どん at 16:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月30日

MAMA


2018.Dec.09
☆☆★★★
Mama (2013) on IMDb

精神を病んだ投資仲介会社経営者のジェフリー(ニコライ・コスター=ワルドー)は、2人の共同経営者と妻を殺害する。2人の娘たち、3歳のヴィクトリアと1歳のリリーを連れて雪道を車で逃走した彼はスリップ事故を起こし、崖から転落してしまう。奇跡的に助かったジェフリーは森をさまよい、小屋を見つける。そこで娘たちを殺そうとするが、そこに潜む何者かによって彼自身が消されてしまう。残された娘たちは、その小屋に留まる。5年後、ジェフリーの弟ルーカス(ニコライ・コスター=ワルドー)が娘たちを発見する。娘たちの心理状態を研究したいドレイファス博士(ダニエル・カッシュ)の策謀のもと、叔母との親権紛争に勝った彼は、恋人アナベル(ジェシカ・チャステイン)とともに博士が用意した家で共同生活を始める。だが、共同生活を始めたある日、アナベルの周りで不可解な現象が起こり始める。

ジェシカ・チャステインもの。アンディ・ムスキエティ監督が2008年に発表した短編にギレルモ・デル・トロが目に止め、デル・トロ自ら製作総指揮を務めてハリウッド長編化した作品。5年間人知れず育った幼い姉妹に憑いてきた霊から、叔父と恋人が姉妹を守ろうとするお話。怪奇なトーンや雰囲気はあるし、姉妹のオオカミ少女っぷりやジェシカのパンク姉ちゃんぶりは良いのだが、MAMAの造形が頂けないな。
MAMAを買って観る
MAMAを借りて観る
こちらのMAMAレビューも参考に
posted by どん at 22:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月29日

雀魔


2018.Dec.08
☆★★★★
闇麻雀界に突如として現れた女、通称“エンジェル”(百合野もも)。彼女は脱衣麻雀をとおして自分自身の身体を賭けていた。だが、彼女は強く、これまで裸になったことすらなかった。エンジェルが脱衣麻雀をするのはある理由があった。生き別れとなっている父親を捜しているのだ。かつては自分の母親も同じように脱衣麻雀で勝負していたらしい。母親と同じことをすることでエンジェルは手掛かりを掴もうとしていた。そして真実に近付いたエンジェルは、やくざとの代打ち勝負に挑む。

『雀X』シリーズは、一つのイカサマ技を味付けに使うシリーズだったんだな。麻雀を通した父親捜しなのだが、安っぽい展開なのは毎度のこと。
雀魔を借りて観る
こちらの雀魔レビューも参考に
posted by どん at 17:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする