2017年06月30日

妹の体温


2017.Jun.25
☆☆★★★
ノルウェー・オスロに住むシャーロット(インネ・ウィルマン)は親友の弟と交際し、子供たちにダンスを教えながら何不自由内暮らしをしていた。しかし、自分に無関心な母親とアルコール依存症で入院中の父親に心を痛めていた。そんなシャーロットだったが、会ったことのなかった父違いの義理の兄ヘンリック(シーモン・J・ベリエル)がオスロに引っ越してきたことを偶然知る。家族の愛情に飢えていたシャーロットは、彼に会ってみるのだが、普通の家族を知らない2人は徐々に引かれ合い、体を重ねていってしまう。

普通の家族を知らない異父兄妹が出会ったことをきっかけに、禁断の兄妹愛へ突入してしまうお話。兄の方には、母に捨てられた憎しみと、母と一緒だった妹への嫉妬があり、妹には家族愛に飢えていた背景はあるものの、何がきっかけなのか良くわからないうちに衝動に駆られているように見えるね。インネ・ウィルマンは、髪を下すとキレイな感じで役に合っているね。兄の奥さんがキレイで、そっちの方がきになったな。
妹の体温を買って観る
妹の体温を借りて観る
こちらの妹の体温レビューも参考に
posted by どん at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月29日

ビキニ・カー・ウォッシュ


2017.Jun.25
☆☆★★★
大学生のジャック(ジャック・カリソン)は、親から借りている家に友達を呼んでは酒とセックスのパーティー三昧。しかしある日、父親に自堕落な生活がバレ、窮地に追い込まれたジャックに、大学の教授から洗車ビジネスをまかされ、成功させたら経営学の単位を保証すると提案される。悪友ヴェックス(ジェイソン・ロックハート)がビキニ美女が洗車するサービスを思いつく。その名もビキニ・カー・ウォッシュ。セクシー路線に難を示したジャックも折れ、大学の同級生やスカウトした美女たちと共にビジネスを始動する。セクシーなビキニ美女たちの華麗なる洗車がベガス内で評判が呼び、想像以上の成功を果たす。やがてサービス方針の食い違いや、それぞれの恋愛模様が絡まっていく。

ダメ大学生が単位を懸けてビキニ洗車の新規ビジネスで一攫千金を狙うお話。ビキニ洗車が始まって、メンバーの恋のさや当てはあるものの、展開がない。洗車シーンを見せたいだけ。おネエちゃんたちも、セクシーではあるのですが、今一つ垢抜けない感じなのが惜しいね。
ビキニ・カー・ウォッシュを買って観る
ビキニ・カー・ウォッシュを借りて観る
こちらのビキニ・カー・ウォッシュレビューも参考に
posted by どん at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月28日

華麗なる対決


2017.Jun.25
☆☆☆★★
1880年末のニュー・メキシコ。この地区一帯を荒し、人々に恐れられていたフレンチ・キングという武装強盗団の一味の正体は、セクシーな女ルイーズ(ブリジット・バルドー)とその妹たちだった。一方、この地区のフランス系移民の住む町ブージバルには、マリア(クラウディア・カルディナーレ)というとてつもないお転婆娘がいた。その美しさには、滅法人のよい保安官(マイケル・J・ポラード)が3年越しで惚れ込んでいるくらいだった。あるクリスマスの日、ブージバル行きの汽車が突如としてフレンチ・キングに襲撃され、客の1人であるドック・ミレーという男の黒鞄から重要な書類が盗まれた。2つの関連した書類はマリアとルイーズの手に渡った。マリアには、近くのリトル・P牧場の石油鉱脈があることを示す地図、ルイーズにはリトル・P牧場の売買契約書である。フレンチ・キングことルイーズ一家は、ミレーとその妹たちになりすまして牧場にやってきた。一方、厖大な石油鉱脈があることを知ったマリアが、賭場で稼いだ札束を手に現われた。町の祭りの日、フレンチ・キングの黒装東に身を包んだルイーズ姉妹は、マリアの弟たちを次々に誘惑し、P牧場に石油が眠っていることを聞きだす。翌朝、マリアは弟たちの行方を追ってP牧場に駈けつける。そこにはルイーズが待ち構えており、2人の格闘が始まる。傷だらけになった2人は疲れ果て壁なり合ってその場にくずれ落ちる。その時、保安官と、多勢の部下を連れたミレーが現われ、彼はルイーズたちの逮捕を要求。保安官がルイーズ姉妹に歩み寄ろうとしたとき、マリアの弟たちが隠れていた井戸の中で騒ぎだし、はずみで石油が吹きだす。大騒ぎとなった隙に、マリアとルイーズは逃げだし、危機一髪で逮捕をまぬがれた。数日後、ブージバルの町から汽車がでる。それぞれ手錠をかけられた2人の弟、娘たちがとぼけた保安官に護送される。だが、その列車は再び襲撃され、白と黒の装束をつけた盗賊は今度は乗客の持物には眼もくれず、囚人を奪うと砂漠の中に消える。もちろん2人の盗賊はマリアとルイーズである。

1971年のブリジット・バルドーもの。ある牧場の契約書を手に入れたルイーズ率いる強盗団と、油田の地図を手に入れたお転婆娘・マリアが、牧場に眠る石油の利権を巡り大乱闘を繰り広げるお話。フランス/イタリア/スペイン製作の西部劇に、仏のブリジットと伊のクラウディアが主演した珍品でしょうか。『バッド・ガールズ』『ビッチ・スラップ 危険な天使たち』の元ネタみたいでもあるね。他愛もないお話ですが、ブリジットとクラウディアの発止が楽しい。ブリジットは、1973年に引退宣言してたのか。
華麗なる対決を買って観る
こちらの華麗なる対決レビューも参考に
posted by どん at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする