2017年02月28日

最後まで行く


2017.Jan.28
☆☆☆★★
母の葬儀を抜け出した殺人課の刑事ゴンス(イ・ソンギュン)は、車で警察署へ向かっていた。急遽所内に監査が入ることになり、ゴンスは横領の証拠を隠そうとしていたのだ。しかし、夜道での無謀な運転が仇となり、通行人を轢いてしまう。ゴンスはひき逃げを隠匿するため、死体を持ち帰り母の棺桶に入れて一緒に埋葬する。数日後、警察内部でこの被害者不明のひき逃げ事件の捜査が始まり、ゴンスが事件の担当となってしまう。そんななか、謎の男からゴンス宛てに電話が入り、電話口で「お前が殺したことを知っている」と囁く。ゴンスは、謎の男から逃れようとするが、執拗に追って来る。その内、自分が轢いた男がある秘密に関与していることにゴンスは気付く。

自身の起こしたひき逃げ事故を隠匿した刑事が追い詰められ、もがくお話。不運も重なりまくり、ゴンスが次々と追い込まれていくスリリングさが見所ね。黒幕は、まるでターミネーターのようなしぶとさだな。
最後まで行くを買って観る
こちらの最後まで行くレビューも参考に
posted by どん at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月27日

事件 罠にはまる女たち


2017.Jan.28
☆☆★★★
新人婦警の茜(桜ここみ)は、先輩とともに、田中組のチンピラが運転する車両を違反で取り締まっていたのだが、兄貴分らしき男たちが現れ、取り逃がしてしまう。その夜、帰宅途中の茜は、住宅街であわただしく逃げ去る集団を目撃、恐る恐る現場に近づいてみると、ヤクザ組織竜神会の会長が殺されていた。目撃した集団が、田中組ではないかという疑いを抱きながらも、現場を荒らし、捜査員から軽率な行動をとがめられた茜は、あやふやな証言を言い出せなくなってしまう。主任刑事に締め上げられた後に、茜の警護にあたる若手刑事・鈴木に優しく手を差し伸べられ、淡い恋心を抱く。茜は鈴木に当夜のことを打ち明けるが、鈴木は黙っているようアドバイス。茜の話から犯人の目星をつけた鈴木は、上司に報告せず、犯人たちと接触を図る。金と引き替えに逃亡させる、と鈴木は犯人を脅す。その話に乗りながら、ヤクザは保険として目撃者の婦警を拉致する。

第一発見者の新人婦警さんが親分殺しのヤクザに拉致され、監禁されるお話。ヤクザと汚職警官とかありがちな展開ではあるけど、意外に普通のVシネ並の出来になってますな。エロさはないのだけれど、婦警さんピンチが良いね。警察署内の同僚もいる部屋でヤクザと交渉を始める刑事には、作りが安直過ぎて笑えます。
事件 罠にはまる女たちを買って観る
こちらの事件 罠にはまる女たちレビューも参考に
posted by どん at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月26日

ショー子のエロいい話 (あしたのショー子)


2017.Jan.22
☆★★★★
ある日、“不良少女”と呼ばれたショー子(横山美雪)が刑務所に護送されてきた。ショー子は、刑務官も受刑者も腐った刑務所から脱走を企てる。そんな彼女の前に立ちはだかったのは、圧倒的な強さとボクシングセンスを兼ね備えた力石徹子だった。徹子に叩きのめされたショー子は、ボクシングの特訓を始める。実はショー子の元カレだった刑務所長は、関係を持つ徹子をバックアップする。

『あしたのジョー』に則った、ドタバタコメディですな。エロくはないし、はしゃぎ過ぎが寒過ぎる。2017年2月に、『横山美雪』としての活動一切を終了したらしい。
ショー子のエロいい話を買って観る
ショー子のエロいい話を借りて観る
posted by どん at 14:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする