2013年09月30日

セックス依存症だった私へ


2013.Sep.14
☆☆★★★
うつ病の母親に振り回され家庭の温もりを知らずに育ったキキ(イザベル・ブレ)は、やがて心の隙間を埋めるためセックスとアルコールに溺れるようになる。30歳を目前に控え、キキは自身と向き合うため自伝的小説を書き始めるが、筆は思うように進まない。原稿のアドバイスをもらう内に肉体関係を持つようになった大学教授のチェッキー(ジャン=ユーグ・アングラード)は、20歳も年上の既婚者。決して、自分のものにならないのにどうしても諦められない。報われない恋への執着から、 感情を抑えられなくなったキキはチェッキーの自宅を訪れ、彼を誘惑する。しかし、肉欲のまま自分を突き上げている彼に離婚を迫った途端、チェッキーはキキを部屋から追い出す。そんな時、キキはパティシエのミカエル(ピエール=リュック・ブリアン)と出会う。ミカエルは、安定した信頼関係を求めながら他人と繋がりを持つことを怖れるキキの複雑な心を理解し、彼女を深い愛情で包み込んだ。チェッキーへの腹いせでミカエルを唆したキキは、今まで味わったことのない充足感を覚え、本当の愛に気付きはじめる。キキは、家に来て原稿を出版社に取り付けたと言うチェッキーとの別れを感じていた。

かなり純文学的な作品ですな。家庭環境のせいで、他人との接し方に難があったのが、かなり大人になって真実の愛に気付くといった。どこか共通点がある方は、移入できるかもしれないけど、作品としてそれほど面白い出来とは言えないかな。タイトルほど致してませんし。
セックス依存症だった私へを借りて観る
セックス依存症だった私へを買って観る
こちらのセックス依存症だった私へレビューも参考に
posted by どん at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月29日

リング0 バースデイ

リング0〜バースデイ〜 [DVD] / 仲間由紀恵, 田辺誠一, 田中好子, 麻生久美子, 若松武史 (出演); 鶴田法男 (監督)
2013.Sep.08
☆☆☆★★
呪いのビデオ事件から遡ること30年前の昭和43年(1968年)。18歳の山村貞子(仲間由紀恵)は、東京の劇団に入団していた。劇団が次の上演を控えていた頃、団員全員が奇妙な井戸の夢に悩まされていた。そんな中、折しも公演内容の練習中に、主演女優の葉月愛子(奥貫薫)が謎の死を遂げる。貞子は疑いの目を向けられるが、音効係の遠山博(田辺誠一)は貞子を気遣い、庇おうとする。衣装係の立原悦子(麻生久美子)は、貞子と遠山の接近を懸念する。一方、12年前の山村志津子の公開実験で婚約者を亡くした新聞記者の宮地彰子(田中好子)は、婚約者の死が貞子の超能力によるものであると考え、貞子の過去を追ううち、貞子いた小学校の教師の話から、「もう一人の貞子」の存在に気づく。劇団は、山村貞子を新たな主演女優に据え、上演を強行する。しかし復讐に燃える彰子の策略により、公開実験のテープが流れ始め、忌わしい過去の記憶にパニックに陥った貞子は、伊熊博士の弟子で貞子の担当医・久野を殺害。その力に恐怖した劇団員たちは貞子を殺害する。彰子と劇団員たちは、貞子の父親とされる伊熊平八郎の元へと向かい、伊熊が匿っていた、貞子から分離した「もう一人の貞子」の殺害を試みる。殺したはずの貞子は蘇生し、劇団員たちは向かってきた2人の貞子によって返り討ちにされ、制御できない貞子の超能力に次々と呪殺されていく。伊熊は暴走する貞子を止めるため、嘆き悲しむ貞子を井戸へと突き落とし、井戸に蓋をする。我に返った貞子は、自分が井戸の底におり、今まさに自分が生きたまま暗闇の中に閉じ込こめられようとしていることに気付き、怨嗟の絶叫する。

貞子の呪詛の背景を描いた作品。仲間由紀恵の映画初主演作で、麻生久美子も出てたんだ。同年公開の「ひまわり」では印象深かった麻生久美子ですが、こちらは印象なかったな。このシリーズ、後にビッグネームになる人が一杯出ていて、過去を観るのも楽しいですな。貞子が2人いるというのは何ですが、淡い恋も成就せぬまま殺され、蘇生しても井戸に封印されるのでは、恨みも募りますわな。カクカクした貞子歩きが1度だけ出てきますが、そこだけは怖いね。
リング0〜バースデイ〜を借りて観る
リング0〜バースデイ〜を買って観る
こちらのリング0〜バースデイ〜レビューも参考に
posted by どん at 13:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月28日

リング2

リング2 [DVD] / 中谷美紀, 大高力也, 小日向文世, 佐藤仁美, 沼田曜一 (出演); 鈴木光司 (原著); 高橋洋 (脚本); 中田秀夫 (監督)
2013.Sep.08
☆☆☆★★
「事件」から一週間、井戸で発見された貞子の死体が解剖された。遺体は死後1・2年で、貞子が井戸の中で30年間生きていたことが判明する。恋人の高山竜司(真田広之)の死の謎を探る高野舞(中谷美紀)は「呪いのビデオ」を調査するTVレポーター岡崎と出会う。岡崎は、ビデオを現在も持っている高校生、沢口香苗(深田恭子)を探し出し、借り受ける約束をする。その直前、香苗は誘惑に負けてビデオを見てしまう。岡崎は恐怖に負けて見ることが出来ず、香苗は1週間後に死亡する。岡崎と舞は、最初の犠牲者・大石智子と居合わせ、精神病院に入院中の倉橋雅美の存在を知り、担当医師で高山の大学同期・川尻医師と出会う。川尻は超常現象の研究をしており、倉橋の中に、貞子の怨念がとり憑いていることを知る。川尻は自分の理論に従い倉橋から貞子の怨霊を除去しようとするが、危険に気付いた舞が止める。舞は、息子の陽一と身を隠す浅川玲子(松嶋菜々子)と出会うが、陽一の中にも貞子の怨念がとり憑いていることを知る。警察は浅川親子を確保し、川尻は陽一を除去実験にかけようとするが、陽一は突如、呪殺出来うるほどの強力な超能力を発動、その力の巻き添えを受けた玲子はトラックに轢かれて死亡する。混乱の中、陽一を連れ出した舞は、救う手がかりを求めて貞子の故郷・大島に渡る。後を追ってきた川尻は、陽一が貞子の力を呼び起こす最強の霊媒であることを危惧し、貞子の怨念をプールの水に溶かし出す計画を立てるが、貞子の力は強く、プールの中に全員が吸い込まれてしまう。舞は無我夢中で浮上し、傍らに陽一がいることを確認。しかし、そこは貞子が閉じ込められていた井戸の底。陽一を担ぎ、井戸から脱出を試みる舞を貞子の霊が追う。舞と陽一は竜司の霊に助けられ、現実世界へと生還するが、川尻と山村敬はプールで溺死。これで全てが終わった、筈だった。ところがその時既に、貞子の思念は香苗を裏切って、死に至らしめた岡崎の心の中に乗り移ろうとしていた。

「リング」の続篇ですが、「らせん」と全く関係しないパラレルワールドとしてとらえた方が良いですな。怖くないけど、後日談としてファンは観るべき作品かな。一定のレベルには達しているかと。深田恭子は、映画出演2作目で、16才位。そんなにかわいくなかったんだな。
リング2を借りて観る
リング2を買って観る
こちらのリング2レビューも参考に
posted by どん at 13:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする