2011年12月31日

ソラニン

ソラニン スタンダード・エディション [DVD] / 宮崎あおい, 高良健吾, 桐谷健太, 近藤洋一(サンボマスター), 伊藤歩 (出演); 三木孝浩 (監督)
2011.Dec.25
☆☆★★★
都内の会社に勤めるOL2年目の芽衣子(宮崎あおい)とフリーターでバンドマンの種田(高良健吾)。大学の軽音サークルで知り合い、多摩川沿いのアパートで一緒に暮らしていた。やりがいのない仕事と面倒な人間関係に辟易していた彼女は、辞表を提出する。種田はサークル時代の仲間ビリー(桐谷健太)、加藤(近藤洋一)とバンド“ロッチ”の活動を続けるが、音楽への思いを押さえ込んでバイトに励むようになっていた。だが、芽衣子に逃げの姿勢を指摘され、バイトを辞めレコーディングに集中、今回チャンスを掴めなければバンドの解散を決意。しかし、完成したデモCDへの厳しい現実を突きつけられた種田は、芽衣子に別れを切り出す。散歩に出たまま戻らなかった種田から、5日後、電話が入る。前の会社に復帰し、バンドを続けていく覚悟を決め、芽衣子との思いを再確認した帰り道、種田は交通事故で他界してしまう。2か月間、心に穴が空いてしまった芽衣子を種田の父親が訪れる。それを機に、芽衣子は種田のギターを手に取る。

2011年最後の一本が、渦中の宮崎あおいもの。この手の青春映画を初めて観る人には良いのでしょうが、よくあるストーリーで特筆すべきものがないですな。かわいい彼女が死んでしまった彼を思って、ちょっと努力するのです。宮崎あおいが一生懸命に歌う姿は良いですが。この人たちは、一体何を得て、どう変わったのでしょうね。宮崎あおいは、映画ではあまり作品に恵まれませんな。
ソラニンを借りて観る
ソラニンを買って観る
こちらのソラニンレビューも参考に
posted by どん at 15:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月30日

夕凪の街 桜の国

夕凪の街 桜の国 [DVD] / 田中麗奈, 藤村志保, 伊崎充則, 麻生久美子, 堺正章 (出演); 佐々部清 (監督)
2011.Dec.24
☆☆☆☆☆
「夕凪の街」原爆投下から13年後、昭和33年、復興が進む広島。平野皆実(麻生久美子)は母・フジミ(藤村志保)と貧しくも平穏に暮らしている。弟・旭(伊崎充則)は戦時中に水戸へと疎開し、そのままおば夫婦の養子になっていた。ある日、皆実は会社の同僚・打越(吉沢悠)から愛の告白を受ける。しかし、原爆で自分が生き残った罪悪感を感じる皆実は幸せに飛び込んでいけない。そんな皆実の思いを打越は優しく包み込むが、皆実の体に原爆症が現れはじめる。「桜の国」平成19年、夏の東京。定年退職した旭(堺正章)と一緒に暮らす娘の七波(田中麗奈)は、父親の不審な行動を心配していた。今夜も一人、家族に内緒で出かける旭を、久々に再会した小学校の同級生・東子(中越典子)と後を追うと、広島へと行き着く。七波は広島で旭が立ち寄る先や会う人々を遠目に見ていくうちに、亡くなった祖母・フジミや伯母・皆実へ思いをめぐらせ、平和の尊さや生きることの喜び、様々な愛情の形を確かめていく。

原爆の悲惨な光景を描かなくても、その恐ろしさや傷痕が静かに伝わる良い作品ですな。日本人は一度は観ておくべきかと。「父と暮せば」もそうだったけど、被爆者自身が罪悪感を持ってしまうんですね。「死ねばいい」と存在そのものを全否定された意識や生きるために行った非人道的行為への後悔がそうさせるのだと。何でもない髪留めが受け継がれていくにつれ意味を持ってくる流れが良いですね。旭が京花へプロポーズするシーンで感極まり、以降涙が止まらなくなりましたよ。
夕凪の街 桜の国を借りて観る
夕凪の街 桜の国を買って観る
こちらの夕凪の街 桜の国レビューも参考に
posted by どん at 15:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月29日

ウルトラミラクルラブストーリー

ウルトラミラクルラブストーリー [DVD] / 松山ケンイチ, 麻生久美子, ノゾエ征爾, ARATA, 藤田弓子 (出演); 横浜聡子 (監督)
2011.Dec.24
☆★★★★
青森で野菜を作りながら一人暮らしをしている青年、陽人(松山ケンイチ)。ある日、野菜を売りに行ったかねしろ幼稚園で、東京から来た新任保育士の町子先生(麻生久美子)と出会う。一目で恋に落ちた彼は、相手の気持ちも考えず、ただひたすら猛烈アタック。元カレのトラウマをかかえている町子はちょっと困惑気味。ある日、一緒に遊んでいた小学生に農薬を浴びせられたことで少しおとなしくなった陽人に対し、“今のほうがいいかも”と町子が漏らしたばかりに、陽人はもっと気に入られようと農薬をシャワーのように浴びる。

麻生久美子もの。津軽弁が全くわからない。意味もなくはしゃぎまくる主人公。最初の30分耐えましたが、限界に達しました。生理的にダメです。
ウルトラミラクルラブストーリーを借りて観る
ウルトラミラクルラブストーリーを買って観る
こちらのウルトラミラクルラブストーリーレビューも参考に
posted by どん at 17:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする