2018年06月24日

珍遊記


2018.Jun.02
☆☆★★★
僧侶の玄奘(倉科カナ)は天竺に向かい旅をしている途中、偶然立ち寄った家のじじい(田山涼成)とばばあ(笹野高史)から、不良少年である山田太郎(ピエール瀧、松山ケンイチ)を更生させてほしいと懇願される。玄奘は山田太郎の恐るべき妖力を宝珠を用いて封印するが、太郎を引き取り、一緒に天竺を目指す。途中立ち寄った村で、たけし軍団、太郎の首を狙う賞金稼ぎ、太郎に強い恨みを抱く龍翔(溝端淳平)率いるほほえみ教らとの闘いに巻き込まれる。

倉科カナもの。『西遊記』をモチーフとした漫☆画太郎のギャグ漫画『珍遊記〜太郎とゆかいな仲間たち〜』が原作。天竺を目指す玄奘が傍若無人な山田太郎を更生させるため連れ立つ道中で繰り広げる暴走を描く。お子ちゃま向けのギャグだらけ。松ケンと倉科カナが良く出演したな。温水洋一さんがめちゃ強いのが見どころかね。
珍遊記を買って観る
珍遊記を借りて観る
こちらの珍遊記レビューも参考に
posted by どん at 16:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月23日

イントゥ・ザ・ミッション


2018.Jun.02
☆★★★★
2047: Sights of Death (2014) on IMDb

2047年、全世界は“世界連合"として統一され、強権的な中央連合政府によって治められていた。世界連合に加盟しない国家は破たんさせられ、平和維持のため人口は強制的手段によって削減。世界中に放射性廃棄物が拡散していた。抑圧された人々は政府に抵抗するすべを持たず、スポンジ(ダニー・グローヴァー)率いる“グリーン・ウォー"だけが反政府活動を続けていた。ライアン大尉(スティーヴン・ボールドウィン)は、政府の不正の証拠を収集するミッションをスポンジから受ける。ライアンは、大量殺戮の証拠を掴むが、証拠隠滅を図るアシモフ大佐(ルトガー・ハウアー)、アンダーソン少佐(ダリル・ハンナ)、ロボ(マイケル・マドセン)が率いる傭兵グループと対峙する。ライアンは、ミュータントの生存者トゥアグ(ネバ・レオーニ)と出会い、立ち向かっていく。

レジスタンスの男が政府による大量殺戮の証拠を掴むが、証拠隠滅を企てる政府軍のグループと戦うお話。近未来のディストピアで何が起こるか期待してたが、何も起こらなかった的な。夢オチかい。完全なるC級。ルトガー・ハウアー、ダリル・ハンナには小遣い稼ぎかもしれないが、出演しちゃダメでしょ。
イントゥ・ザ・ミッションを買って観る
イントゥ・ザ・ミッションを借りて観る
こちらのイントゥ・ザ・ミッションレビューも参考に
posted by どん at 17:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月22日

ハイジャック・ゲーム


2018.Jun.02
☆☆★★★
Altitude (2017) on IMDb

ワシントンD.C.へ向かうため、飛行機に搭乗したFBI捜査官のグレッチェン・ブレア(デニース・リチャーズ)は、他のお客とのトラブルから幸運にもビジネスクラスへ席を移動することに。彼女は隣の席の男テリー・レノックス(カーク・バーカー)との会話を楽しむが、テリーがある乗客(ドルフ・ラングレン)の姿を見て青ざめた表情に一変。「俺を助けてくれたら、5000万ドル支払う」と彼女に告げる。ブレアが驚愕するなか、機内では1人のスチュワーデス(グリア・グラマー)が、搭乗員の男を殺害。なんとこの飛行機には、ハイジャック犯の集団が乗り込んでいたのだった。グレッチェンは、機転を利かせながらハイジャック犯に立ち向かっていく。

ハイジャック犯の集団に、1人の女性FBI捜査官が立ち向かうお話。つまらなくはないけど、ハイジャックものとしての新規性が感じられないし、緊張感も緩いね。B〜C級ですな。デニース・リチャーズが、ちとイイ女なのが救いだね。
ハイジャック・ゲームを買って観る
ハイジャック・ゲームを借りて観る
こちらのハイジャック・ゲームレビューも参考に
posted by どん at 18:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月21日

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ


2018.May.27
☆☆★★★
看護師として病院に勤務する美香(石橋静河)は女子寮で一人暮らし。日々患者の死に囲まれる仕事と折り合いをつけながら、夜、街を自転車で駆け抜け向かうのはガールズバーのアルバイト。作り笑いとため息。美香の孤独と虚しさは簡単に埋まるものではない。建設現場で日雇いとして働く慎二(池松壮亮)は古いアパートで一人暮らし。左目がほとんど見えない。年上の同僚・智之(松田龍平)や中年の岩下(田中哲司)、出稼ぎフィリピン人のアンドレス(ポール・マグサリン)と、何となくいつも一緒にいるが、漠然とした不安が慎二の胸から消えることはない。ある日、慎二は智之たちと入ったガールズバーで、美香と出会う。美香から電話番号を聞き出そうとする智之。無意味な言葉を喋り続ける慎二。作り笑いの美香。店を出た美香は、深夜の渋谷の雑踏の中で、歩いて帰る慎二を見つける。「東京には1,000万人も人がいるのに、どうでもいい奇跡だね」。路地裏のビルの隙間から見える青白い月。「嫌な予感がするよ」。「わかる」。二人の顔を照らす青く暗い光。都会で生きづらさを抱えつつも、懸命に生きるすべを模索する二人。不器用でぶっきらぼうな二人は、近づいては離れながら距離を縮めていく。

最果タヒの詩集が原作。都会の片隅で生きづらさを感じながら日々を送る不器用な若い男女の出会いと交流を描く。恋愛がどうというより、別れや死の方に重きがあるみたい。閉塞感のメタファーのつもりかな。醒めた恋愛観で、感情の高まりなんて微塵もないな。何となくくっつくのが現代らしい恋愛像なのだとしたら、哀しいね。そんなに都会の閉塞感に蔑まれているのなら、田舎へ帰れば良いのに。
映画 夜空はいつでも最高密度の青色だを買って観る
映画 夜空はいつでも最高密度の青色だを借りて観る
こちらの映画 夜空はいつでも最高密度の青色だレビューも参考に
posted by どん at 21:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月20日

ジャッキー・コーガン


2018.May.27
☆★★★★
Killing Them Softly (2012) on IMDb

大統領選挙が白熱する2008年。経済危機による市民の苦しい生活とは裏腹に、テレビからは連日のように理想に溢れた各候補者の言葉が流れていた。ルイジアナ州最大の街ニューオリンズも例外ではなく、刑務所から出所したばかりのフランキー(スクート・マクネイリー)は、獄中で知り合った中年男ジョニー(ヴィンセント・カラトーラ)の強盗計画に飛びつく。それは、犯罪組織の賭場から大金を奪うというもの。かつてその賭場が強盗に遭った際、雇われ支配人マーキー(レイ・リオッタ)が、“自分が仕組んだ”と周囲に吹聴したことから、次に同様の事件が起これば、容疑はマーキーに向けられるというのだ。犬泥棒のラッセル(ベン・メンデルゾーン)とともに賭場に押し入ったフランキーは無事、強盗に成功。被害に遭った組織は、事件の解決を番頭格のディロン(サム・シェパード)に任せようとするが、病気療養中の彼に代わって現れたのは、凄腕の殺し屋ジャッキー・コーガン(ブラッド・ピット)だった。連絡員“ドライバー”(リチャード・ジェンキンス)から得た情報を元に、行動を開始するジャッキー。そうとは知らないフランキーは、一緒に計画の成功を祝っていたラッセルから、新しく始めた麻薬ビジネスの相棒の名を聞いて愕然とする。その相棒はディロンの部下で、強盗の件を話してしまったというのだ。組織に知られるのは時間の問題。その情報を得たジャッキーは、暗殺者ミッキー(ジェームズ・ガンドルフィーニ)を呼び寄せ、ジョニーの始末を任せる。ところが、ミッキーは、昼間から大量に酒を飲み、娼婦を買うなど期待外れ。仕方なくジャッキーは売春婦を使ってミッキーを暴行容疑で逮捕させることでお払い箱にする。マーキーは今回の強盗事件と無関係だったが、組織の体面を保つため、ジャッキーはケニーに手伝わせてマーキーを殺害。ラッセルが警察に逮捕されると、次にジャッキーはフランキーを脅迫してジョニーの居所を突き止めて殺害、協力したフランキーも殺害。こうして強盗事件に片を付けたジャッキーに、組織は1人殺害で1万ドル、3人で計3万ドルしか払おうとしない。ジャッキーの抗議に連絡係のドライバーはディロンに支払っている金額だと答えるが、ジャッキーは「ディロンは死んだ」と告げる。

ジョージ・V・ヒギンズの小説『Cogan's Trade』(邦題:ジャッキー・コーガン)が原作。組織のカネを強奪した犯人を、皮肉屋の殺し屋が始末していくお話。ハードボイルドやアクションを期待したら、確実に裏切られます。かと言って、サスペンスや社会派でもない。緊張感もなく締まりのない展開。どうでも良い会話が多過ぎ。ブラピのファン以外にはお薦めしかねます。
ジャッキー・コーガンを買って観る
ジャッキー・コーガンを借りて観る
こちらのジャッキー・コーガンレビューも参考に
posted by どん at 22:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月19日

葛城事件


2018.May.27
☆☆★★★
どこにでもありそうな郊外の住宅地。ボソボソと『バラが咲いた』を歌いながら、葛城清(三浦友和)は、古びた自宅の外壁に大量に落書きされた“人殺し”、“死刑”などの誹謗中傷をペンキで消している。やがて庭に移動すると、庭木にホースで水を撒きながら、ふとこの家を建てた時に植えたみかんの木になる青い実に手を伸ばす。親が始めた金物屋を引き継いだ清は、美しい妻・伸子(南果歩)との間に2人の息子も生まれ、念願のマイホームを建てる。思い描いていた理想の家庭を築き上げたはずだった。しかし、その想いの強さが、家族を抑圧的に支配するようになっていたことに、清は気付いていなかった。長男・保(新井浩文)は、子供の頃から従順でよくできた子供だったが、対人関係に悩み、会社からのリストラを誰にも言い出せずにいた。堪え性がなく、アルバイトも長続きしない次男・稔(若葉竜也)は、ことあるごとに清から責められ、理不尽な想いを募らせる。そんなある日、清に言動を抑圧され、思考停止のまま過ごしていた伸子が不満を爆発させ、稔と共に家出。これをきっかけに、葛城家は一気に崩壊へと向かってゆく。稔が無差別殺人事件を起こして8人の人間を殺傷、死刑宣告を受けてしまう。次第に精神のバランスを崩し、廃人のようになってゆく伸子。さらに、死刑制度反対を訴える女性・星野順子(田中麗奈)が、稔と獄中結婚するが、稔が改心することもなく処刑される。

赤堀雅秋監督の同名舞台が原作。幸せな家庭を求めるがゆえに家族を不幸にしてしまう父親と、精神を病んでいく妻、リストラを機に孤立していく長男、無差別殺傷事件を起こし死刑囚となる次男の、とある家族が崩壊の道を辿っていくお話。積年の父親の抑圧的独善的立ち居振る舞いが、家庭崩壊を招くのだな。見てる最中も不快だし、後味も悪い。田中麗奈がおばさんぽいしな。いつの間にかアラフォーだったので致し方ないけれど。
葛城事件を買って観る
葛城事件を借りて観る
こちらの葛城事件レビューも参考に
posted by どん at 23:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月18日

クライム・オブ・パッション


2018.May.26
☆☆★★★
Crimes of Passion (1984) on IMDb

LA。ボビー(ジョン・ローリン)は29歳。ハイスクール時代はフットボールの花形スターとして活躍し、今は、同じ学校のチアリーダーだったエイミー(アニー・ポッツ)と、ふたりの子供と平穏な家庭生活を送っている。しかし、表面の平和さとは裏腹にボビーとエイミーの間は完全に醒めきっていた。ジョアンナ(キャスリーン・ターナー)は、ファッション・デザイナーとして活躍する美しい女性だが、仕事に生き男性を寄せつけない冷たい雰囲気を持っていた。そんな彼女に、企業スパイの疑いがかかり、その調査員として、金の必要に迫られたボビーが起用される。彼は盗難予防警報器の販売店を経営していたが、スパイ調査はあくまでもアルバイト。ジョアンナを尾行するうちに、ボビーは、彼女の意外な二重生活を目撃する。昼は真面目に働く彼女が、夜になるとチャイナ・ブルーという名の大胆な娼婦に変身するのだった。いかがわしい場所で別の女を演じることによって、自分の本当の感情に対する恐れを包み隠していたのだった。客になりすまして彼女に接近したボビーは、やがて彼女の魅力の虜になってしまう。夫婦生活の不満が一気に爆発し、2人は、お互いにかつて味わったことのない快楽の極みに昇り詰める。しかし、ボビーが立ち去ると、またしてもジョアンナは自分の感情を包み隠した。それから、ジョアンナは、シェイン(アンソニー・パーキンス)という聖職者風の客と馴染みになる。彼は、夜な夜な歓楽街に現われ、娼婦たちを贖罪しようしているようだった。ジョアンナを忘れられなくなったボビーは、ジョアンナのアパートを訪れる。自分の正体を知っているボビーに驚くが、ボビーに、行きづまった時は慰めてあげると告げる。エイミーに嫌気のさしたボビーはジョアンナと暮らそうと彼女を再び訪ねるが、彼女はそれを拒む。1度は親友の所に行くが、結局はジョアンナの所に戻り抱き合う2人。しかし、ボビーが去って後悔したエイミーからディナーの招待を受け、軽く挨拶するつもりで出かけた後、一人部屋にいたジョアンナをシェインが訪れる。彼は贖罪させようとジョアンナに襲いかかる。

昼はファッション・デザイナー、夜は娼婦という顔を持つ女と、彼女の身元調査を依頼された男の愛の行方を描く。およそ35年も前の作品だった。『白いドレスの女 (1981)』で存在感ある美女ビッチを演じたキャスリーン・ターナーが、『ロマンシング・ストーン 秘宝の谷 (1984)』と同じ年に裸身を張る作品に出てたのは驚き。本作のキャスリーンは、娼婦の時の方が綺麗ね。ブライアン・デ・パルマ監督の『殺しのドレス』風な部分もあり。
クライム・オブ・パッションを買って観る
こちらのクライム・オブ・パッションレビューも参考に続きを読む
posted by どん at 22:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月17日

アリスvsモンスター・スクワッド


2018.May.26
☆★★★★
Sinister Squad (2016) on IMDb

人間の知らないところで、光と闇の戦いは始まっていた。スティルツキン(ジョニー・レイ・ディアス)が“魔法の鏡”を壊したせいで、ワンダーランドの魔物たちが現代のロサンゼルスに飛び出してきたのだ。冥界からやって来た“死神”(ニック・プリンシピ)は、現世の支配を狙って暗躍。《毒をもって毒を倒す》ため、アリス(クリスティーナ・リッチャルディ)はおとぎ話の悪党たちを集めたチームを結成し、死神の軍団を倒そうとする。だが、一筋縄ではいかない悪党どもをまとめるのは容易ではない。そして遂に、死神軍団の攻撃が始まる。

現世の支配を狙って暗躍する“死神”を倒すべく、アリスはおとぎ話の悪党たちを集めたチームを結成するお話。アサイラム作品だった。演者も魅力ないし、展開もグダグダで、案の定Z級な出来。着想は面白いのだがね。
アリスvsモンスター・スクワッドを買って観る
アリスvsモンスター・スクワッドを借りて観る
posted by どん at 15:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月16日

愛の連綿


2018.May.26
☆☆★★★
ムニ(ジン・ヘギョン)は、大学卒業後すぐに望まぬ結婚をし、逃げるようにアメリカへ留学、10年を経て帰国し、美術予備校の新任講師として迎えられる。離婚を望むも夫の家が名家のためままならず、大学時代の恩師や留学時代の恋人と関係を持っている。 そして、19歳の予備校生徒ジュウォン(キム・ドソン)に、子供のときに初めて憧れた女性がムニであり、今も一途に慕っていることを打ち明けられる。最初はあしらうムニだが、ジュウォンの誠実さと大胆さに惹かれ、年の差を越えた愛の関係を結ぶことになる。

若者が子供の頃に憧れた既婚女性と結ばれるお話。一途な愛に救済されると言うことか。結構淡々としていて、狂おしいような感情は感じられない。身体を許すきっかけも謎だな。
愛の連綿を買って観る
愛の連綿を借りて観る
こちらの愛の連綿レビューも参考に
posted by どん at 15:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月15日

貞子 vs 伽椰子


2018.May.20
☆☆★★★
女子大生の有里(山本美月)は、見たら2日後に必ず死ぬという“呪いのビデオ”を手にする。親友の夏美(佐津川愛美)がビデオの不気味な映像を見てしまったため、有里は都市伝説の研究家でもある大学教授・森繁(甲本雅裕)を訪ねる。しかし、悪霊祓いの最中におぞましい惨劇が勃発。そこに霊能界の異端児・常盤経蔵(安藤政信)と、経蔵の相棒で生まれながら強い霊感を持つ盲目の少女・珠緒(菊地麻衣)がやってくる。女子高生の鈴花(玉城ティナ)は、足を踏み入れた者は生きて戻れないという“呪いの家”の向かいに引っ越して来る。ある夜、鈴花が向かいの家をうかがっていると、行方不明になった小学生の姿を目撃する。居ても立ってもいられなくなった鈴花は、呪いの家へ向かう。やがて鈴花は恐る恐る内部に足を踏み入れ、彼女の悲鳴を聞いて駆け付けた両親もろとも、この家に棲みつく伽椰子と俊雄に襲われる。経蔵に救われたものの、鈴花にも呪いによる死が迫っていた。2つの呪いを解くために、経蔵は貞子と伽椰子を激突させ、同時消滅させるという驚くべき計画を立てる。有里と鈴花に呪いの家で呪いのビデオを見るという恐るべき作戦を指示するが、それは想像を絶する戦慄の事態の始まりだった。

“呪いのビデオ”や“呪いの家”に関わってしまった人々や、怨霊を滅ぼそうとする霊能力者の戦いを描く。貞子と伽椰子の激突に失敗するリスクを考えながら観ていたら、案の定。最恐の呪いが増強したら、誰にも止められないではないか。恐怖シーンが結構少ないことや消化不良なラストは頂けませんな。呪いのビデオが『リング』とは違うのですな。ドレスを変えたり、ドアから出てきたり、こまめにリニューアルしてるとは、貞子もマメですな。
貞子vs伽椰子を買って観る
貞子 vs 伽椰子を借りて観る
こちらの貞子 vs 伽椰子レビューも参考に
posted by どん at 22:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする